俳壇・歌壇

令和3年12月

浄土歌壇

堀部知子 選
投歌総数124首

コンバイン停めてスマホのメール見る若者はまた稲を刈りゆく栃木 小峰新平
いかにも今時の若者、スマホは作業中にも離せない。作者はそれを見逃さず一首に収め得た。
去年の秋ともに埋めし柿の種芽は出てないかと孫が訊きくる宮崎 髙平確子
さりげなく詠われていながら、お孫さんの声や表情までも伝わってくるような一首でほほえましい。
医師達の昼夜厭わず手当てする終息時期の先が見えない奈良 中村宗一
これも今どきの一首。コロナの終息がおぼつかないだけに、医師への心づかいを詠まれた。
新緑を車窓に赤きディーゼルカー植田に影を映して走る大分 小林 繁
秋彼岸六地蔵さまは新しきマスクにかえられ下校の子らを待つ三重 服部浩子
朝刊の中より風呂で読む記事を取り置くことが習わしとなる大阪 津川トシノ
檀徒らの草刈終えし寺の土手待ちかねし如彼岸花咲く千葉 木村哲也
過ぎし日のアルバムを見て懐かしむその娘も今は二児の母なり大阪 橘ミヨ子
パソコンに嫌われている高齢者クリックの音一人前に埼玉 塚崎孝蔵
夫の介護挫けてならぬと仰ぐ空きらめき渡る星を仰ぎつ神奈川 相田和子
目に耳に鼻にも秋がやって来る花の香虫の音富士の冠雪埼玉 岸 治已
家族葬多きコロナ禍に舅の長き列なす野辺送り遥か滋賀 森嶋直子
一日のおおかた眠る猫のジロー名前を呼べば生返事せり海の写真
張りつめる本堂に座り写経する最後の一文字終えて和らぐ長崎 片岡忠彦
秋風や新米積みたる軽トラは二台連なり光りつつ追ぐ千葉 林 元子
添削元歌の結句は「光りて走る」であった。

浄土俳壇

坪内稔典 選
投句総数226句

敬老日フォークナイフのホテル風滋賀 三宅俊子
敬老の日が楽しそう。装いもちょっとしゃれているのかなあ。いい感じです。
金木犀一年分の深呼吸富山 山澤美栄子
金木犀の香りを思いっきり吸ったのですね。「一年分」がとってもいいです。胸が広くなったでしょう。
新胡麻の元気プチプチ跳ねて鍋佐賀 織田尚子
リズムが跳ねています。鍋で煎られるゴマのように。いい香りがしてきます。
道問はれ吾も旅人鰯雲青森 井戸房枝
踏み込みてバッタの世界驚かす福岡 古賀幸子
己が影拾ひて翔ちし秋の蝶鳥取 徳永耕一
秋の燈や長屋続きし塗師の町 和歌山 福井浄堂
新米と言ひて炊きたて供へけり群馬 木村住子
赤い羽根新閣僚の襟飾る大阪 渡邊勉治郎
水澄むや人影に鯉浮かびくる長崎 平田照子
筆筒のハサミ光るや窓の月大阪 津川トシノ
柿日和民生委員に訪ねらる静岡 原田和子
蔓引けば空蹴り上げる烏瓜兵庫 堀毛美代子
たっぷりと名水を汲み十三夜青森 中田瑞穂
秋の虫二秒休んで又リリリ山口 沖村去水
秋晴や卵むしょうに食べたうて大阪 大内由紀夫
梨を剥く自分一人のために剥く神奈川 上田彩子
姿勢良く太鼓の少年秋祭り秋田 高橋さや薫
秋空や御寺の甍雲を背に奈良 笠井文夫
子供らに送る予定の大根蒔く長崎 吉田耕一
モーツァルト浸み込ませ子に干柿を山梨 山下ひろ子
私を脱ぎ月光を纏ひけり京都 北村峰月
そして秋音楽班のコントラバス東京 山崎洋子
百日紅今朝は青空広がって群馬 飯塚 勝
添削「青空ようやく見せにけり」だった。言葉の絵として鮮明になるように直しました。

ページのトップへ戻る