浄土宗トップページ > 新年のご挨拶 2020

〜 新年のご挨拶 2020

新年のご挨拶

「はげみ」
浄土門主・総本山知恩院門跡 伊藤唯眞猊下


 なにごとも成就するには「はげみ」が必要です。法然上人は身近な例を挙げて、
 一丈の堀を越えんと思はん人は、一丈五尺を越えんとはげむべし
と述べておられます。目標の数値をより高く定めて励んだならば、当初の目的は容易に達せられるのです。信仰の面でもこれと同様のことがあります。
 上人はその言葉に続いて、念仏者に対して、
 往生をせん人は、決定けつじょうしんをとりてあひはげむべきなり
と申されています。往生極楽を願っている念仏者は、なにはさておき、往生させていただけることは必定ひつじょうだとの不動の信念を確立するのが大事で、その上で念仏を励んでいかねばならない、と仰せになっています。
 堀を越える人の場合はわが身の力を励ますのですから、空しい結果になることもあります。しかし念仏者の場合は、「弥陀への決定の信」が根基となって出る力ですから、「仏たのむ」の南無阿弥陀仏のおとなえのはげみが、自然と「往詣楽邦おうげいらくほう」―お浄土へ参らせてもらうこと―になっていきます。



大本山 増上寺(ぞうじょうじ)法主 八木やぎ 季生きしょう 台下

 令和2年の新春を迎え、阿弥陀さまをはじめ、ご先祖さま方のご加護をいただき、どうかこの1年が平和でこころ豊かな年でありますように、心から念ずるものであります。昨年の秋に生じた台風の被害を受けられた方々には、大変な災害であったと思いますが一刻も早く被害状況から回復されることを願っております。どうぞ今年は、天下てんげ和順わじゅんにして日月にちがつ清明しょうみょうのうちにお念仏に励む年でありますよう。



大本山 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)法主 久米くめ 慶勝けいしょう 台下

 令和2年のお正月は昨年改元されて日本中が新鮮な新年を迎えることとなり、誠におめでたい年となりました。しかし内外の様子は自己中心のものばかりで、怨親おんしん平等びょうどう万機ばんき普益ふやくの法然上人の願い導かれた世界とは真逆の様相ばかりです。大本山金戒光明寺では、この秋に「大授戒会」を開莚かいえん致します。仏のいましめをもって煩悩ぼんのう逆巻くよこしまな心を制御しなければ穏やかな日暮らしを得ることは出来ません。是非ともお誘い合わせの上、この「大授戒会じゅかいえ」に御参加くださいまして、金の仏戒ぶっかいを得て頂きお幸せにお過しください。



大本山 百萬遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)法主 福原ふくはら 隆善りゅうぜん 台下

 平成から令和に移り、特に多様性が求められる時代となりました。法然上人の教えはまさに多様性を大切にされている教えです。特定の人のための教えから万人救済の教えへの変革でありました。「ただ一向いっこうに念仏すべし」に導く方法も一様ではありません。人びとの心情を大切にし、釈尊が対機たいき説法せっぽうで導かれたように、種々に対応されました。本来もってはいけない疑い心をもったままでも、念仏をとなえることの大切さを示されたのもその一例です。



大本山 善導寺(ぜんどうじ)法主 阿川あがわ 文正ぶんしょう 台下

 浄土信仰をもつ念仏者の心構えの一つに「至誠心しじょうしん」(真実心しんじつしん)という教えがあります。至誠心は、内心ないしん外相げそうと相応して真実に往生を願い、三業さんごうしん精進しょうじんすることをいいます。「勁松けいしょうとしの寒きにあらわる」と申します。すなわち立派な松の木は寒さ厳しき年に生じ、心変わりなく綺麗なみどりを保ちます。不動の信念のもと、変わることのない真実心を以って、この1年を過ごしたいものです。国と国との信頼感を通して、全世界が平和になっていくことを願いたいと思います。



大本山 光明寺(こうみょうじ)法主 柴田しばた 哲彦てつげん 台下

 新年は「今年こそ」との思いが膨らむものであります。  以前、野生の狸2匹が餌を食べている所に遭遇したことがありました。1匹が食べれば1匹は見張り、と動物なのに互いに助け合い生きているのを眺め、大変感動を致しました。  高祖こうそ善導ぜんどう大師だいしは『礼讃らいさん』中「願わくは衆生しゅじょうと共に」の言葉を122回も記されています。お念仏は自分だけでなく、他の人も弥陀のお救いが頂けるよう願うぎょうであります。今年こそ他のためにお念仏がとなえられるよう励みたいものであります。



大本山 善光寺大本願(ぜんこうじだいほんがん)法主 鷹司たかつかさ 誓玉せいぎょく 台下

 新年おめでとう存じます。昨年5月、奈良の興福寺での藤原ふじわらの不比等ふひと公1300年御遠忌ごおんきに参りました。不比等公は鷹司たかつかさを含む藤原氏の初祖で、遣唐使等を通じ日本仏教の発展に寄与し、殊に鑑真がんじん和尚わじょうの大変な支援者でもありました。「興福寺こうふくじ奏状そうじょう」等、我宗の歴史の中では少々抵抗をおぼえる南都寺院も、唐朝風の衣装で催しを盛り上げる人々等もあり大変な賑いで新しい時代の到来を実感し宗派を超え日本の歴史の根幹となる仏教を実感いたしました。令和も平和な時代となりますようお念仏精進いたしましょう。

ページのトップへ戻る