大遠忌トップページ > 記念事業 > 共生・地域文化事業 > 世界平和念仏の日 > 今月のメッセージ > 平成19年10月

今月のメッセージ(平成19年10月)

「罪ふかければとて、卑下し給うべからず。十悪五逆も廻心すれば往生し、一念十念も心をいたせば来迎す。」

「平重衡の問いに念仏往生を示す御詞」より

解説一ノ谷の合戦において源氏方に捕らわれた平重衡が、いよいよ死罪というとき、法然上人との面会が許されるのでした。重衡は上人を目の前にして、今生で犯した罪の重大さから、自分の愚かさをさめざめと吐露したあとで、
「このように多くの人の命を奪い、また奈良の東大寺や興福寺を焼き払うなどの大罪を犯した上で、何の善行もなくいよいよ打ち首となるこの身です。
このような地獄に落ちるしかない私が、来世で助かる道はあるのでしょうか。」
と深い懺悔の念をこめ、法然上人に教えを請います。
すると上人は、悲しみをともにしながら、
「人をあやめ、寺を焼き払ったことは大変罪深いことです。
しかし、罪深いからと、そこまで卑下なされることはありません。
いかに大罪を犯したといえども、あなたのように心の底から過ちを悔い改め、南無阿弥陀仏と心をこめてとなえれば、阿弥陀如来は必ずお迎えくださいます。」
と、答えられたのでした。

ページの先頭へ戻る