大遠忌トップページ > 記念事業 > 法然上人プレゼンテーション事業 > 法然共生フォーラム > 第1回法然共生フォーラム 開催報告

第1回法然共生(ともいき)フォーラム 開催報告

「法然共生(ともいき)フォーラムin京都」〜いのちを慈しむ知恵〜

第1回の法然共生フォーラムは、お陰様をもちまして、多くの方のお申し込みとご参加をいただき、盛会裏に終了いたしました。

今回のテーマ:「わざに伝わるいのち」

日時平成21年5月29日(金)18時30分〜21時15分
会場祇園甲部歌舞練場(京都市東山区)
内容18時30分開会挨拶
<第1部>ともいきがたり
坂田藤十郎(歌舞伎俳優)
19時20分<休憩>
19時35分浄土宗の活動(共生・地域文化大賞)の紹介
<第2部> ともいき談義
神崎宣武(民族学者)
紫舟(書家)
伊藤唯眞(浄土宗僧侶)
坂田藤十郎 ※コメンテーター
高田公理(佛教大学教授) ※コーディネーター

第1部

第1部のともいきがたりでは、坂田藤十郎さんから襲名を通じて感じた先人達とのつながりや、世代や時代を超えて技芸の中に連綿と継承されている“いのち”についてお話しをいただきました。


第2部

第2部のともいき談義では、それぞれの芸能や技能、仏教儀礼に流れ伝わる“わざ”についてお話をいただき、その継承の中にある“ともいき”について語り合っていただきました。

主催浄土宗
共催京都新聞社
特別協力法然上人をたたえる会
協力総本山知恩院、大本山増上寺、大本山金戒光明寺、大本山知恩寺、大本山清浄華院、大本山善導寺、大本山光明寺、大本山善光寺大本願

フォーラムの記録記事が6月下旬の京都新聞に掲載されました。
多くのご来場に、心から御礼を申し上げます。

ページの先頭へ戻る