大遠忌トップページ > 記念事業 > 法然上人プレゼンテーション事業 > 『法然上人行状絵図』デジタル化事業 > フォーラム「国宝『法然上人行状絵図』の魅力とその時代」の開催

終了
 

フォーラム
「国宝『法然上人行状絵図』の魅力とその時代」の開催

平成23年11月13日(日)、大本山増上寺にて総本山知恩院所蔵の国宝『法然上人行状絵図』に関するフォーラムを開催することになりました。

東京国立博物館での特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」展の会期中であり、そちらに実際の『行状絵図』が出陳される中でのフォーラムとなります。興味がおありの方は是非ご参加ください。

7月2日の会場の様子本フォーラムは7月2日に総本山知恩院で開催しました。(報告→

大遠忌記念事業の一環として、総本山知恩院所蔵の国宝『法然上人行状絵図』全48巻を平成20年に高精細デジタルアーカイブを行いました。そして、そのデータをもとに、「誕生」「立教開宗」「二祖対面」「遊女教化」「往生」などの代表的な場面を選び、原寸の16倍に拡大した出力紙を印刷し、それをもとに、建築、仏教説話、絵画、染織、史学などの学際的な研究会を開催してきました。

今回のフォーラムでは、その研究会に参加した先生方から、研究成果の一端を発表いただきます。


◆日時:平成23年11月 13日(日)
13:00開場 13:30開会 16:45閉会(予定)
◆会場:大本山増上寺 三縁ホール
◆定員:220名
◆参加費:無料
◆主催:浄土宗 後援:朝日新聞社

日程(予定)

13:30~ 開  会
13:35~ 「法然上人行状絵図」その時代(各20分)
 ・中井 眞孝(佛教大学歴史学部教授)
  浄土学/浄土宗の位置づけ   
 ・若杉 準治(京都国立博物館名誉館員)
  絵 画/行状絵図の絵画様式
 ・川本 重雄(京都女子大学・京都女子大学短期大学部学長)
  建 築/建築表現~その時代性と象徴性
 ・新間 水緒(花園大学文学部教授)
  仏教説話/仏教説話から見た行状絵図
14:55~ 休  憩
15:10~ 「法然上人行状絵図」その時代(休憩後に引き続き)
 ・山川 曉(京都国立博物館学芸部主任研究員)
  染 織/行状絵図が伝える中世の染織
 ・平  雅行(大阪大学文学研究科教授)
  史 学/行状絵図と建永の法難
15:50 ~ 『法然上人行状絵図』研究会をふり返って
 中井 眞孝 / 若杉 準治 / 川本 重雄
 新間 水緒 / 山川  曉 / 平  雅行
16:45 閉  会 (予定)

応募方法

郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加人数(2名様まで)を明記の上、はがき、またはFAXでお申し込み下さい。個人情報は厳正に管理し、聴講券の発送のみに使用します。

〒530-8612 郵便事業(株)大阪支店私書箱191号
朝日新聞大阪本社「法然上人行状絵図」係
FAX:06-6227-9597(24時間受付)

問合先

朝日新聞大阪本社「法然上人行状絵図」係
TEL 06-6201-8336 (土・日・祝日を除く 10時~18時)


←『法然上人行状絵図』デジタル化事業

法然上人 in 増上寺(特別展示会) →

『法然上人行状絵図』学際的研究の成果発表としてフォーラムを開催!!→

ページの先頭へ戻る