大遠忌トップページ > 記念事業 > 法然上人プレゼンテーション事業 > 『浄土宗全書』デジタル化事業

瞬時に検索!『浄土宗全書』をオンラインで公開

(写真)浄土宗全書

800年大遠忌記念事業として進められた『浄土宗全書』の電子テキスト化が完了し、ウェブ上で公開しています。これにより、膨大な浄土宗関連文献の全文検索が非常に容易となり、法然上人とそれ以前の浄土教研究の大いなる進展が期待されます。

 浄土学・法然教学を研究するための基礎テキストとして、法然上人700年大遠忌を機に刊行された『浄土宗全書』。平成20年度の浄土宗教学院理事会において、浄土宗の教学等の振興のために『浄土宗全書』の電子テキスト化事業の推進が決定されたことを受けて、浄土宗と教学院が合同で本事業に取り組み、平成23年2月、電子テキスト化作業が完了しました。

データ化したのは『浄土宗全書』全23巻のうち本文テキストである第1巻~第20巻の部分であり、経論釈疏をはじめ撰述、伝記、寺誌など286部863巻に及ぶ膨大なものです。これをもとに「浄土宗全書検索システム」を構築し、意中の言葉を瞬時に全文検索できるようになりましたので、今後の研究の効率が飛躍的に向上することでしょう。

→浄土宗全書検索システムへ


検索方法

浄土宗全書とは

『浄土宗全書』(以下『浄全』)は浄土学の研究するため基礎テキストとして明治40年(1907)に製作されました。現在は、第三版の昭和50年(1975)浄土宗開宗八百年を記念再版されたものが広く普及しています。

各巻の内容は次の通りです。

第1巻所依経典他
第2巻震旦祖釈1
第3巻震旦祖釈2
第4巻震旦祖釈3
第5巻震旦諸師1
第6巻震旦諸師2
第7巻選擇立宗1
第8巻選擇立宗2
第9巻選擇立宗3
第10巻宗義顕彰1
第11巻宗義顕彰2
第12巻宗義顕彰3
第13巻宗義顕彰4
第14巻要義解釈大原談義
第15巻先徳述作
第16巻伝記系譜1
第17巻伝記系譜2
第18巻伝記系譜3
第19巻伝記系譜4
第20巻寺誌宗史2
第21巻解題
第22巻索引
第23巻梵蔵和英合璧浄土三部経

ページの先頭へ戻る