大遠忌トップページ > 記念事業 > お寺「共生堂」事業

お寺「共生(ともいき)堂」事業

浄土宗の寺院が、檀信徒をはじめ地域社会の方々との「対話」と「交流」の場=「共生(ともいき)堂」となり、根幹である布教活動・宗教行事をはじめ、地域に応じた様々な活動を拠点となって推し進めることで、地域社会にとってかけがえのない存在となるために推進している事業です。

具体的には、全国の寺院が「共生堂」となるための中間支援を行う組織を設置し、各寺院で活動が進められるように、「活動提案」「啓発」「広報」「協働パートナーとしてのNPO法人などの紹介」「活動継続のためのサポート」などを行っていきたいと考えています。

現在、平成23年の宗祖法然上人800年大遠忌のご正当年に前述の組織を発足、活動を開始する方向で、「生老病死」に関心をもつ「団塊世代」への積極的なアプローチ、社会との接点の拡大(社会事業の推進)、都市と地方間における寺院の「連携」「連帯」、宗祖法然上人800年大遠忌記念事業の成果の継承といった4つのポイントにより、組織のあり方や活動体系の検討、活動事例の収集・調査・分析、お寺「共生堂」の理念の周知に取り組みました。


ページの先頭へ戻る