浄土宗トップページ > 浄土宗発行ポスター > 平成24年度浄土宗発行ポスター

平成24年度浄土宗発行ポスター

「たてにもよこにも 『いのち』はみんな つながりあっているんだね。」

私たちは、ご先祖さまからのいのちの連続という“縦のつながり”と、共に時を同じくして生きる人々や自然との“横のつながり”があってこそ、存在することができます。

ポスターは、親子が、縦と横に交わりさまざまな形をつくるあやとりで遊ぶ姿をモチーフにしました。あやとりの糸は、共に生かし、生かされる「いのち」のつながりを表しています。

年回法要などの折、このあやとりをたとえに、いのちのつながりを確認できる法会の大切さや意義をお話しされてはいかがでしょう。

(文化局発行)

「かなしいときは いっしょに泣いて たのしいときは いっしょに笑おう」

くやしい時、かなしい時は、共に泣き、うれしい時は共によろこび合うといった、仲間と共感しあった経験は誰にでもあることと思います。しかし、共感だけではあくまでも一時的なものになりかねません。大切なのは、寄り添おうという思いを常に持っていることではないでしょうか。東日本大震災により、絆や寄り添いの心があらためてクローズアップされています。

それをこれからも忘れないよう、「なむちゃん」とその仲間たちで表してみました。

共に泣くことができたなら、悲しさや辛さは少なく、共に笑うことができたなら、喜びはふくらむに違いありません。

(文化局発行)

ページのトップへ戻る