浄土宗トップページ > 浄土宗発行ポスター > 令和2年度浄土宗発行ポスター

令和2年度浄土宗発行ポスター

令和2年度浄土宗発行ポスター

浄土宗では、令和6(2024)年に開宗850年を迎えます。それに向けて、「凡入報土」をキーワードに法然上人のお歌をテーマとしたポスターを制作いたしました。また、お子様を中心に仏教の教えを分かりやすく伝えるため、「なむちゃんポスター」も制作いたしました。
たくさんの方が浄土宗の教えから気づきを得て、心穏やかに毎日を生きるきっかけとなるポスターを目指しています。

「阿弥陀仏と 申すばかりを 勤めにて 浄土の荘厳 見るぞうれしき」

意味:日々、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏…」とお念仏をとなえることだけで、極楽浄土の素晴らしい様相が観られるとは、なんとうれしいことよ。

今回は、「浄土立宗のことば」に説かれる「凡入報土」説における5つの要素(衆生論、仏土論、実践論、経典論、即時別時)から仏土論を選び、“どこに”往生するのかという視点にもとづき、法然上人のお歌の中から、極楽浄土に対する憧れを詠んだ一首を選びました。
このポスターでは、「極楽浄土にいらっしゃるご先祖さまに会ってみたいと空を見上げる子どもたち」を表現しています。「いつかご先祖さまに会えますように」というキャッチコピーを提示し、「極楽浄土は、全ての人々を救いとるという阿弥陀さまの願いが成就した世界です。私たちが安らぎを得られるように、また先立たれた大切な人に再会できるように阿弥陀さまが導いてくださいます。いつかそこに行ける日を想いつつ、お念仏をおとなえしましょう」というメッセージを添えました。

「あたりまえに ありがとう」

現代の私たちの多くは、衣・食・住など物質面で恵まれていますが、心のどこかでそれを「あたりまえ」とは思っていないでしょうか? 決して「あたりまえ」などではなく、どれも、さまざまな条件や要素が複雑に重なり合い、その結果として享受できているものばかりなのです。奇跡ともいえる状況が続いている、とも言えるでしょう。あたりまえだと思い込みがちな日常こそが、実はこの上なくありがたいものなのです。
このポスターでは、そうした「あたりまえ」と思い込みがちな感覚に一時停止を促し、感謝の気持ちを改めて持ってほしいという想いから、何気ない日常の光景のイラストに「あたりまえに ありがとう」のメッセージを添えました。

ページのトップへ戻る