■団体の概要 ■活動紹介 ■仏教女性の集い ■会報誌
sp
活動紹介
一心称名、念佛の輪の中に尼僧としての自覚を持ち混濁する社会に信仰の光をともしたい

 浄土宗吉水会の活動は、その活動範囲が、多岐多様にわたり、二代続いての信徒という行事も少なくありません。但しそれが、吉水会全体で行うわけではなく、各支部毎にそれぞれ必要に応じて最善の教化活動を行っております。
 総じて支部全体が行っているのが、
 老人ホーム慰問、高齢者訪問
 花まつり、聞法会、成道会、仏名会
 十夜法要、地蔵法要、等
 各寺院で行われております行事を各支部で取り上げて、その範囲を広く信徒の育成に役立てております。
 老人ホーム慰問の中では老人が又の再会を楽しみに御喜捨下さる方も見えます。
 三河支部の念佛法要は、四十八願になぞらえて四十八夜各寺院で信徒と一緒に別時念佛を行い、その成果をもちよって一年一支部によっての結願法要を厳修している。
 又中津川の一市民の要請で山の中に埋れた墓(二千有余)を一ケ所に集め各寺院の信徒共々一年に一回おまいりさせて頂いている。その後ここは中津川の霊園に発展して現在に至っております。
 地蔵流し法要は信者と共に近在の海に流す行事であるが、これも又二十年来継続されている。
 尚支部は、関東、富山、三河、尾張、三重、岐阜、京滋、奈良、大阪、本部直属にあります。


養老院慰問   養老院慰問
 
 又時代の流れにそって、尼僧教師後援会を結成、これも又支部を通じて細やかな心配りをと願っております。
 この外に幼稚園、保育園等を開設して、尼僧ならではの仏教的情操教育を施している会員もあります。
 すぐ切れる現代社会の子供達、自殺者の多い中年層、混沌とした社会なればこそ、たとえ微力でも、尼寺へ行けば、心安まる時間が過ごせるという安心感を抱かせる様に、少欲知足、共生の世界を、信仰の力によって尼僧寺院、吉水会員、すべてが、それに向って努力することが理想です。



花まつり   中津川無縁仏参詣

 

このページのトップへ▲
この団体に関するお問い合わせはこちらから
  浄土宗吉水会
〒605-0062 京都市東山区林下町400-8 浄土宗教学局内
TEL:075-525-0480 FAX:075-531-5105