浄土宗トップページ > 浄土宗の教え・歴史

浄土宗とは?

浄土宗の宗旨

名 称 浄土宗(じょうどしゅう)
宗 祖 法然上人(ほうねんしょうにん)(源空(げんくう))(1133~1212)
開 宗 承安(じょうあん) 5年(1175年)
本 尊 阿弥陀仏(あみだぶつ)阿弥陀如来(あみだにょらい)
教 え 阿弥陀仏の平等のお慈悲を信じ、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」とみ名を称えて、人格を高め、社会のためにつくし、明るい安らかな毎日を送り、お浄土に生まれることを願う信仰です。もっと読む
お 経 お釈迦さまがお説きになった『無量寿経(むりょうじゅきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』『阿弥陀経(あみだきょう)』の三部経をよりどころとします。

宗紋

浄土宗宗紋

浄土宗の宗紋は「月影杏葉つきかげぎょよう」と呼ばれる紋である。

この杏葉は法然上人の生家の漆間家の紋に由来し、大正4年(1915)に、しべは、7個とし、宗歌「月かげ」の月を配した現在の紋が定められました。

宗歌

浄土宗宗歌「月かげ」

浄土宗宗歌「月かげ」

「月かげ」は、法然上人が詠まれた和歌のうちの代表的な一首で、浄土宗では「宗歌」として位置づけています。

[意訳]
月の光と同様、阿弥陀さまの慈悲の光も届かないところはないけれども、それに気づこうとする人の心にこそ、注がれることよ。

ページのトップへ戻る