浄土宗トップページ > 浄土宗とは? > 吉水流詠唱を体験してみましょう

浄土宗とは? ~ 吉水流詠唱を体験してみましょう

1、詠歌

浄土宗宗歌について

「月かげの御詠歌」(法然上人二十五霊場第十八番月輪寺の御詠歌)

御作:法然上人 / 編曲:松濤 基

月かげの いたらぬ里は なけれども ながむる人の 心にぞすむ

「法然上人ふたはたの御詠歌」(法然上人二十五霊場第一番誕生寺の御詠歌)

作:法力坊蓮生 / 作曲:松濤 基

両幡(ふたはた)の 天下(あまくだ)ります (むく)の木は 世世(よよ)()ちせぬ (のり)の師のあと

「弥陀本願の御詠歌」(法然上人二十五霊場第二十五番総本山知恩院の御詠歌)

御作:観智国師 / 編曲:松濤 基

草も木も 枯れたる野辺に ただひとり 松のみ残る 弥陀の本願

2、和讃

光明摂取(こうみょうせっしゅ)和讃」

古歌 / 作曲:三宅 勝


(ひと)のこの()はながくして かわらぬ(はる)とおもいしに
無常(むじょう)(かぜ)はへだてなく はかなき(ゆめ)となりにけり 


あつき(なみだ)のまごころを みたまの(まえ)にささげつつ
ありしあの()のおもいでに おもかげしのぶもかなしけれ


されど仏のみ光に 摂取(せっしゅ)されゆく()にあれば
おもいわずらうこともなく とこしえかけて安からん

南無阿弥陀仏 阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 阿弥陀仏

「いけらば念仏(ねぶつ)和讃」

法然上人 御作


いけらば念仏の 功つもり
死なば浄土へ まいりなん
(死なば浄土へ まいりなん)
とてもかくても 此の身には
思いわずらう 事ぞなき
(思いわずらう 事ぞなき)
と 思いぬらば
死生(ししょう)共に わずらいなし
(死生共に わずらいなし)

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

「花まつり和讃」

作詞:平松 大真 / 作曲:松濤 基

恭敬礼拝誕生仏(くぎょうらいはいたんじょうぶつ)


(あお)げば(とお)し三千年 インドの春のカピラ城
卯月(うづき)八日(ようか)花園(はなぞの)に ()まれたまいし(くに)王子(みこ)


七歩(ななほ)あゆみて天地(あめつち)を (ゆび)さしながら呱々(ここ)(こえ)
たかくも唯我独尊(ゆいがどくそん)と 四方(よも)にひびきしかしこさよ


昔をしのぶよすがとて 花のかずかずつみあつめ
心をこめてうつくしく ふきたてまつる(はな)御堂(みどう)


甘露(かんろ)(あめ)になぞらえて 甘茶のかおりかんばしく
(おい)(わか)きもこもごもに そそぎまつるぞありがたき


仏のおしえつちかいて 心にさきし一輪(いちりん)
花をもそえてもろともに 祝いまつらん花まつり


甘茶(あまちゃ)(しゃく)(ちさ)くとも そそげば(にお)(のり)の水
(きよ)くむすびてとこしえに たたえまつらん花まつり

3、舞

「御忌和讃」

(※IEのみ対応)

「花まつり和讃」

(※IEのみ対応)

ページのトップへ戻る