浄土宗トップページ > 浄土宗の教え > 選択本願念仏集 > 【第一】聖道浄土二門篇

選択本願念仏集 ~ 【第一】聖道浄土二門篇

第一章段
道綽禅師聖道浄土の二門を立てて、
しかも聖道を捨てて正しく浄土に帰するの文

『安楽集』の上に云く、問うて曰く、一切衆生は皆仏性有り。遠劫より以来まさに多仏に値えるなるべし。何に因ってか今に至るまで、なお自ら生死に輪廻して、火宅を出でざるや。答えて曰く、大乗の聖教に依るに、良に二種の勝法を得て、以て生死を排はざるに由る。ここを以て火宅を出でざるなり。何をか二と為す。一には謂く聖道、二には謂く往生浄土なり。

その聖道の一種は、今の時証し難し。一には大聖を去ること遥遠なるに由る。二には理は深く解は微なるに由る。この故に『大集月蔵経』に云く、「我が末法の時の中に、億億の衆生、行を起し道を修せんに、いまだ一人も得るもの有らじ」。当今は末法、現にこれ五濁悪世なり。ただ浄土の一門のみ有って通入すべき路なり。この故に『大経』に云わく、「もし衆生有って、たとい一生悪を造るとも、命終の時に臨んで、十念相続して、我が名字を称せんに、もし生ぜずば正覚をとらじ」と。

またまた一切の衆生はすべて自ら量らず。もし大乗に據らば、真如実相第一義空、かつていまだ心を惜かず、もし小乗を論ぜば、見諦修道に修入し、乃至那含羅漢に、五下を断じ五上を除くこと、道俗を問うこと無く、いまだその分有らず、たとい人天の果報有れども、皆五戒十善に為って、能くこの報を招く。然るに持ち得る者は、はなはだ希なり。もし起悪造罪を論ぜば、何ぞ暴風駛雨に異ならん。ここを以て諸仏の大慈、勧めて浄土に帰せしむ。たとい一形悪を造るともただ能く意を繋けて、専精に常に能く念仏すれば、一切の諸障、自然に消除して、定んで往生を得。何ぞ思量せずして、すべて去る心無きや。

私に云く、密に計れば、それ立教の多少は宗に随って不同なり。且く有相宗のごときは、三時教を立てて一代の聖教を判ず。いわゆる有・空・中これなり。無相宗のごときは、二蔵教を立てて以て一代の聖教を判ず。いわゆる菩薩蔵・声聞蔵これなり。華厳宗のごときは、五教を立てて一切の仏教を摂す。いわゆる小乗教・始教・終教・頓教・円教これなり。法華宗のごときは、四教五味を立てて以て一切の仏教を摂す。四教とはいわゆる蔵・通・別・円これなり。五味とはいわゆる乳・酪・生・熟・醍醐これなり。真言宗のごときは、二教を立てて一切を摂す。いわゆる顕教・密教これなり。

今この浄土宗は、もし道綽禅師の意に依らば二門を立てて一切を摂す。いわゆる聖道門・浄土門これなり。

問うて曰く、それ宗の名を立てることは本、華厳・天台等の八宗九宗に在り。いまだ浄土の家において、その宗の名を立てることを聞かず。然るに今、浄土宗と号すること何の証拠有るや。答えて曰く、浄土の宗の名その証一に非ず。元暁の『遊心安楽道』に云く、「浄土宗の意は本、凡夫の為にし兼ねて聖人の為にす」と。また慈恩の『西方要決』に云く、「この一宗に依る」と。また迦才の『浄土論』に云く、「この一宗、密かに要路たり」と。その証かくのごとし。疑端に足らず。

ただし諸宗の立教は正しく今の意に非ず。且く浄土宗に就いて、略して二門を明さば、一には聖道門、二には浄土門なり。

初めに聖道門とは、これに就いて二有り。一には大乗、二には小乗なり。大乗の中に就いて顕密権実等の不同有りといえども、今この『集』の意はただ顕大および権大を存ず。故に歴劫迂廻の行に当る。これに準じてこれを思うに、まさに密大および実大を存すべし。然ればすなわち今、真言・仏心・天台・華厳・三論・法相・地論・摂論これらの八家の意、正しくここに在り。まさに知るべし。次に小乗とは、すべてこれ小乗の経律論の中に明す所の声聞・縁覚・断惑証理入聖得果の道なり。上に準じてこれを思うに、また倶舎・成実・諸部の律宗を摂すべきのみ。およそこの聖道門の大意は、大乗および小乗を論ぜず、この娑婆世界の中において、四乗の道を修して、四乗の果を得るなり。四乗とは、三乗の外に仏乗を加う。

次に往生浄土門とは、これに就て二有り。一には正に往生浄土を明すの教、二には傍に往生浄土を明すの教なり。初めに正に往生浄土を明すの教とは、謂く三経一論これなり。三経とは一には『無量壽経』、二には『観無量壽経』、三には『阿弥陀経』なり。一論とは天親の『往生論』これなり。あるいはこの三経を指して浄土の三部経と号す。

問うて曰く、三部経の名、またその例有りや。答えて曰く、三部経の名その例一に非ず。一には法華の三部、謂く『無量義経』・『法華経』・『普賢観経』これなり。二には大日の三部、謂く『大日経』・『金剛頂経』・『蘇悉地経』これなり。三には鎮護国家の三部、謂く『法華経』・『仁王経』・『金光明経』これなり。四には弥勒の三部、謂く『上生経』・『下生経』・『成仏経』これなり。今はただこれ弥陀の三部なり。故に浄土の三部経と名づく。弥陀の三部とはこれ浄土正依の経なり。

次に傍に往生浄土を明すの教とは、『華厳』・『法華』・『隨求』・『尊勝』等の、諸の往生浄土の行を明すの諸経これなり。また『起信論』・『宝性論』・『十住毘婆沙論』・『摂大乗論』等の、諸の往生浄土の行を明すの諸論これなり。

およそこの『集』の中に、聖道浄土の二門を立る意は、聖道を捨てて、浄土門に入らしめんが為なり。これに就いて二つの由有り。一には大聖を去ること遥遠なるに由る。二には理深く解微なるに由る。この宗の中に二門を立てることは、独り道綽のみに非ず。曇鸞・天台・迦才・慈恩等の諸師、皆この意有り。

且く曇鸞法師の『往生論の註』に云く、「謹んで案ずるに、龍樹菩薩の『十住毘婆沙』に云く、菩薩阿毘跋致を求めるに、二種の道有り。一には難行道、二には易行道なり。難行道とは、謂く五濁の世、無仏の時において、阿毘跋致を求めるを難とす。この難にすなわち多途有り。ほぼ五三を言いて、以て義意を示さん。一には外道の相善、菩薩の法を乱る。二には声聞の自利、大慈悲を障う。三には無顧の悪人、他の勝徳を破す。四には顛倒の善果、能く梵行を壊す。五にはただこれ自力にして他力の持無し。かくのごとき等の事、目に触れて皆、是なり。譬えば陸路の歩行はすなわち苦しきがごとし。易行道とは、謂くただ信仏の因縁を以て、浄土に生ぜんと願ずれば、仏の願力に乗じて、すなわち彼の清浄の土に往生することを得。仏力住持して、すなわち大乗正定の聚に入らしむ。正定はすなわちこれ阿毘跋致なり。譬えば水路の乗船はすなわち楽しきがごとし」。已上

このなかに難行道とはすなわちこれ聖道門なり。易行道とは、すなわちこれ浄土門なり。難行・易行と、聖道・浄土と、そのことば異なりといえども、その意これ同じ。天台・迦才これに同じ。まさに知るべし。

また『西方要決』に云く、「仰ぎ惟れば、釈迦、運を啓いて、弘く有縁を益す。教、随方に闡けてならびに法潤に霑う。親り聖化に逢えるは、道、三乗を悟りき。福薄く因疎なるは、勧めて浄土に帰せしむ。この業を作す者は、専ら弥陀を念じ、一切の善根、回して彼の国に生ず。弥陀の本願、誓って娑婆を度したまう。上現生の一形を尽くし、下臨終の十念に至るまで、ともに能く決定して、皆往生を得」。已上

また同じき後序に云く、「それ以れば、生れて像季に居して、聖を去ることこれ遙かなり。道、三乗に預かれども、契悟するに方無し。人天の両位は、躁動にして安からず。智博く、情弘きは、能く久しく処するに堪えたり。もし識癡に、行浅きは、恐らくは幽途に溺れん。必ずすべからく跡を娑婆に遠ざけ心を浄域に栖ましむべし」。已上

この中に三乗とはすなわちこれ聖道門の意なり。浄土とはすなわちこれ浄土門の意なり。三乗浄土と、聖道浄土とは、その名異なりといえども、その意また同じ。浄土宗の学者、まずすべからくこの旨を知るべし。たとい先に聖道門を学せる人といえども、もし浄土門において、その志有らば、すべからく聖道を棄てて浄土に帰すべし。例せば彼の曇鸞法師は、四論の講説を捨てて、一向に浄土に帰し、道綽禅師は涅槃の広業を閣いて、偏に西方の行を弘めしがごとし。上古の賢哲なお以てかくのごとし。末代の愚魯、むしろこれに遵わざらんや。

問うて曰く、聖道家の諸宗、各師資相承有り。謂く、天台宗のごときは慧文・南嶽・天台・章安・智威・慧威・玄朗・湛然、次第相承す。真言宗のごときは、大日如来・金剛薩(タ=土+垂)・龍樹・龍智・金智・不空、次第相承す。自余の諸宗、また各相承の血脈有り。而るに今言う所の浄土宗に、師資相承血脈の譜有りや。答えて曰く、聖道家の血脈のごとく、浄土宗にもまた血脈有り。ただし浄土一宗において、諸家また同じからず。いわゆる廬山の慧遠法師と、慈愍三蔵と、道綽・善導等とこれなり。今且く道綽・善導の一家に依って、師資相承の血脈を論ぜば、これにまた両説有り。

一には菩提流支三蔵・慧寵法師・道場法師・曇鸞法師・大海禅師・法上法師なり。 已上『安楽集』に出づ

二には菩提流支三蔵・曇鸞法師・道綽禅師・善道禅師・懐感法師・小康法師なり。 已上『唐宋両伝』に出づ

ページのトップへ戻る