浄土宗トップページ > 浄土宗の教え > 選択本願念仏集 > 【第十三】念仏多善根遍

選択本願念仏集 ~ 【第十三】念仏多善根遍

第十三章段
念仏を以て多善根と為し、雑善を以て少善根としたまうの文

『阿弥陀経』に云わく、少善根福徳の因縁を以て、彼の国に生ずることを得べからず。舎利弗、もし善男子、善女人有って、阿弥陀仏を説くを聞いて、名号を執持すること、もしは一日、もしは二日、もしは三日、もしは四日、もしは五日、もしは六日、もしは七日、一心不乱なれば、その人命終の時に臨んで、阿弥陀仏諸の聖衆とともに、その前に現在したまう。この人終る時、心顛倒せずして、すなわち阿弥陀仏の極楽国土に往生することを得。

善導この文を釈して云く、極楽は無為涅槃の界なれば、隨縁の雑善恐らくは生じ難し。故に如来要法を選んで、教えて弥陀を念ずること、専にしてまた専ならしむ。七日七夜、心無間に長時の起行もますます皆然なり。臨終に聖衆、華を持して現ず。身心踊躍して金蓮に坐す。坐する時すなわち無生忍を得。一念に迎将して仏前に至る。法侶、衣を将て競い来って著せしむ。不退を証得して、三賢に入る。

私に云く、「少善根福徳の因縁を以て、彼の国に生ずることを得べからず」とは、諸余の雑行は、彼の国に生じ難し。故に隨縁の雑善は、恐らくは生じ難しと云う。少善根とは、多善根に対する言なり。然ればすなわち雑善はこれ少善根なり。念仏はこれ多善根なり。故に『龍舒の浄土文』に云く、「襄陽の石に刻む『阿弥陀経』は、すなわち隋の陳仁稜が書ける所、字画清婉にして人多く慕玩す。一心不乱より下に、専ら名号を持すれば、名を称するを以ての故に諸罪消滅す。すなわちこれ多善根福徳の因縁なりと云えり。今世に伝える本、この二十一字を脱す」。 已上

ただ多少の義有るのみに非ず。また大小の義有り。謂く雑善はこれ小善根なり。念仏はこれ大善根なり。また勝劣の義有り。謂く雑善はこれ劣善根なり。念仏はこれ勝善根なり。その義まさに知るべし。

ページのトップへ戻る