浄土宗トップページ > 浄土宗の教え > 選択本願念仏集 > 【第十六】弥陀の名号を以て舎利弗に付属したまう篇

選択本願念仏集 ~ 【第十六】弥陀の名号を以て舎利弗に付属したまう篇

第十六章段
釈迦如来弥陀の名号を以て慇懃に舎利弗等に付属したまうの文

『阿弥陀経』に云わく。仏この『経』を説き巳りたまうに、舎利弗および諸の比丘、一切世間の天人阿修羅等、仏の所説を聞いて歓喜信受し、礼を作して去りぬ。 善導の『法事讃』に、この文を釈して云く、世尊説法の時まさに了らんとす。慇懃に弥陀の名を付属したまう。五濁増の時、疑謗多く、道俗相い嫌ってて聞くことを、用いず。修行すること有るを見ては、嗔毒を起し。方便破壊して競って怨を生ず。かくのごときの生盲闡提の輩、頓教を毀滅して、永く沈淪せん。大地微塵劫を超過すとも、いまだ三途の身を離れることを得べからず。大衆同心に、皆所有る破法罪の因縁を懺悔せよ。

私に云く、およそ三経の意を案ずるに、諸行の中に念仏を選択して以て旨帰と為す。まず『双巻経』の中に三の選択有り。一には選択本願、二には選択讃歎、三には選択留教なり。一に選択本願とは、念仏はこれ法蔵比丘、二百一十億の中において、選択したまう所の往生の行なり。細しき旨上に見えたり。故に選択本願と云う。二に選択讃歎とは、上の三輩の中に菩提心等の余行を挙ぐといえども、釈迦すなわち余行を讃歎せず、ただ念仏において、讃歎して無上功徳と云う。故に選択讃歎云う。三に選択留教とは、また上に余行諸善を挙ぐといえども、釈迦選択して、ただ念仏の一法を留む。故に選択留教と云う。

次に『観経』の中にまた三の選択有り。一には選択摂取、二には選択化讃、三には選択付属なり。一に選択摂取とは、『観経』の中に定散の諸行を説くといえども、弥陀の光明ただ念仏の衆生を照して、摂取して捨てたまわず。故に選択摂取云う。二に選択化讃とは、下品上生の人、聞経と称仏との二行有りといえども、弥陀の化仏、念仏を選択して、「汝、仏名を称するが故に諸罪消滅す、我れ来って汝を迎う」と云う。故に選択化讃と云う。三に選択付属とは、また定散の諸行を明すといえども、ただ独り念仏の一行を付属す。故に選択付属と云う。

次に『阿弥陀経』の中に一の選択有り。いわゆる選択証誠なり。すでに諸経の中において、多く往生の諸行を説くといえども、六方の諸仏、彼の諸行において証誠せず。この『経』の中に念仏往生を説きたまうに至って、六方恒沙の諸仏、各舌を舒べて大千に覆い、誠実の語を説いてこれを証誠したまう。故に選択証誠と云う。加之、『般舟三昧経』の中に、また一の選択有り。いわゆる選択我名なり。弥陀自ら説いて言わく、「我が国に来生せんと欲せん者はの、常に我が名を念じて休息せしむること莫れ」と。故に選択我名と云う。本願と摂取と我名と化讃と、この四はこれ弥陀の選択なり。讃歎と留教と付属と、この三はこれ釈迦の選択なり。証誠は六方恒沙諸仏の選択なり。然ればすなわち、釈迦、弥陀および十方の各恒沙等の諸仏、同心に念仏の一行を選択したまう。余行は爾らず、故に知んぬ。三経ともに念仏を選んで、以て宗致とするのみ。計れば、それ速やかに生死を離れんと欲せば、二種の勝法の中には、且く聖道門を閣いて、選んで浄土門に入れ。浄土門に入らんと欲せば、正雑二行の中には、且く諸の雑行を抛って、選んで正行に帰すべし。正行を修せんと欲せば、正助二業の中には、なお助業を傍にし、選んで正定を専らにすべし。正定の業とは、すなわちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、必ず生ずることを得。仏の本願に依るが故なり。

問うて曰く、華厳・天台・真言・禅門・三論・法相の諸師、各浄土法門の章疏を造る。何ぞ彼等の師に依らずして、ただ善導一師を用いるや。 答えて曰く、彼等の諸師、各皆浄土の章疏を造るといえども、しかも浄土を以て宗と為さず。ただ聖道を以てその宗と為す。故に彼等の諸師に依らざるなり。善導和尚は偏に浄土を以て宗と為て、しかも聖道を以て宗と為たず。故に偏に善導一師に依るなり。

問うて曰く、浄土の祖師その数また多し。謂く弘法寺の迦才・慈愍三蔵等これなり。何ぞ彼等の諸師に依らずして、ただ善導一師を用いるや。 答えて曰く、これ等の諸師、浄土を宗とすといえども、いまだ三昧を発さず。善導和尚はこれ三昧発得の人なり。道においてすでにその証有り。故に且くこれを用う。

問うて曰く、もし三昧発得に依らば、懐感禅師もまたこれ三昧発得の人なり。何ぞこれを用いざる。 答えて曰く、善導はこれ師なり。懐感はこれ弟子なり。故に師に依って弟子に依らず。いわんや師資の釈その相違はなはだ多し。故にこれを用いず。

問うて曰く、もし師に依って弟子に依らずんば、道綽禅師はこれ善導和尚の師なり。そもそもまた浄土の祖師なり。何ぞこれを用いざる。 答えて曰く、道綽禅師はこれ師なりといえども、いまだ三昧を発さず。故に自ら往生の得否を知らず。「善導に問うて曰く、道綽念仏す往生を得んや否や。導、一茎の蓮花を弁じてこれを仏前に置かしめ、行道七日せんに花萎忰せずんば、すなわち往生を得んと。これに依って七日するに、果然として花萎黄せず。綽その深詣を歎ず。入定して、生ずることを得べきや否やを観ぜんことを請うに因って、導、すなわち定に入て、須臾に報じて曰く、師まさに三罪を懺すべし。まさに往生すべし。一には師、かつて仏の尊像を安じて檐(ヨウ=片+庸)の下に在き、自らは深房に処る。二には出家の人を駆使策役す。三には屋宇を営造して蟲命を損傷す。師、宣しく十方仏の前において第一の罪を懺じ、四方僧の前において第二の罪を懺じ、一切衆生の前において第三の罪を懺ずべし。綽公、静に往咎を思うに、皆曰うこと虚しからず。ここにおいて心を洗って侮謝し訖って導に見ゆ。すなわち曰く、師の罪滅しぬ。後まさに白光有って照燭すべし。これ師の往生の相なり」。 已上『新修徃生伝』。

ここに知んぬ。善導和尚は行、三昧を発して、力、師位に堪えたり。解行、凡に非ざること、まさにこれ暁けし。いわんやまた時の人の諺に曰く、「仏法東行より已来、いまだ禅師のごとき盛徳有らず」。絶倫の誉、得て称すべからざる者か。加之、『観経』の文疏を條録するの刻、すこぶる霊瑞を感じ、しばしば聖化に預れり。すでに聖の冥加を蒙って、しかも、『経』の科文を造る。世を挙げて証定の疏と称し、人これを貴ぶこと、仏の経法のごとし。 すなわち彼の『疏』の第四巻の奥に云く、「敬って一切有縁の知識等に白す。余はすでにこれ生死の凡夫、智惠浅短なり。然るに仏教幽微なれば、あえて輙すく異解を生ぜず。ついにすなわち心を標し願を結んで霊験を請求して、まさに心を造すべし。南無帰命、尽虚空遍法界の一切の三宝、釈迦牟尼仏、阿弥陀仏、観音勢至、彼の土の諸菩薩大海衆および一切の荘厳相等、某この『観経』の要義を出して、古今を楷定せんと欲す。もし三世の諸仏、釈迦仏、阿弥陀仏等の大悲の願意に称わば、願わくば夢の中において、上の所願の如きの一切の境界諸相を見ることを得んと。仏像の前において願を結し已って、日別に『阿弥陀経』を誦すること三遍、阿弥陀仏を念ずること三万遍、至心に発願す。すなわち当夜において見らく、西方の空中に、上のごときの諸相の境界ことごとく皆顕現す。雑色の宝山、百重千重、種種の光明、下、地を照して、地、金色のごとし。中に諸仏菩薩有り。あるいは坐し、あるいは立し、あるいは語し、あるいは黙し、あるいは身手を動かし、あるいは住して動ぜざる者有り。すでにこの相を見て、合掌立観す。やや久しくてすなわち覚む。覚め已って欣喜に勝えず。ここにすなわち義門を條録す。これより已後、毎夜夢中に常に一僧有って、来って玄義科文を指授す。すでに了りぬれば、更にまた見えず。後時脱本し竟已って、また更に至心に七日を要期して、日別に『阿弥陀経』を誦すること十遍、阿弥陀仏を念ずること三万遍、初夜、後夜に、彼の仏の国土の荘厳等の相を観相し、誠心に帰命すること、一ら上の法のごとくす。当夜にすなわち三具の磴輪道の辺に独り転ずるを見る。たちまち一人の白き駱駝に乗ずる有り。来たり前んで師に勧め見る。まさに努力めて決定往生すべし。退転を作すこと莫れ。この界は穢悪にして苦多し、貧楽を労せざれと。答えて言く、大いに賢者好心の視誨を蒙る。某し畢命を期と為て。あえて懈慢の心を生ぜずと。 云云 第二の夜に見らく、阿弥陀仏の身、真金色にして、七宝樹の下、金蓮華の上に在して坐したまう。十僧囲繞して、また各一の宝樹の下に坐せり。仏樹の上に、すなわち天衣有って挂り遶れり。面を正し西に向って、合掌して坐して観る。第三の夜に見らく、両の憧杆、極めて大いに高く顕れ、幡懸って五色なり。道路縦横にして、人観るに礙り無し。すでにこの相を得已って、すなわち休止して七日に至らず。上来所有の霊相は、本心、物の為にして己身の為にせず。すでにこの相を蒙れり。あえて隠蔵せず。謹みて以て義の後に申呈して、聞を末代に被むらしむ。願わくば含霊、これを聞いて信を生じ、有識の覩る者をして、西に帰せしめんことを。この功徳を以て衆生に回施す。ことごとく菩提心を発して、慈心をもって相い向い、仏眼をもって相い看て菩提まで眷属し、真の善知識と作って、同じく浄国に帰してともに仏道を成ぜん。この義すでに証を請うて定め竟んぬ。一句一字、加減すべからず。写さんと欲する者は、一ら経法のごとくせよ。まさに知るべし」。 已上

静に以れば、善導の『観経の疏』は、これ西方の指南、行者の目足なり。然ればすなわち、西方の行人、必ずすべからく珍敬すべし。中に就いて毎夜夢中に僧有って玄義を指授す。僧は恐らくはこれ弥陀の応現ならん。爾らば謂うべし。この『疏』はこれ弥陀の伝説なりと。何にいわんや、大唐相い伝えて云く、「善導はこれ弥陀の化身なり」と。爾らば謂うべし。またこの文はこれ弥陀の直説なりと。すでに写さんと欲する者は、一ら経法のごとくせよと云えり。この言は誠なるかな。仰いで本地を討ぬれば、四十八願の法王なり。十劫正覚の唱え、念仏に憑有り。俯して垂跡を訪えば、専修念仏の導師なり。三昧正受の語は、往生に疑い無し。本迹異なりといえども、化導これ一なり。

ここにおいて貧道、昔この典を披閲してほぼ素意を識り、立ちどころに余行を舎てて、ここに念仏に帰す。それより已来、今日に至るまで、自行化他ただ念仏を縡とす。然る間、希に津を問う者には、示すに西方の通津を以てし、たまたま行を尋ぬる者には、誨えるに念仏の別行を以てす。これを信ずる者は多く、信ぜざる者は尠し。まさに知るべし。浄土の教、時機を叩いて行運に当り、念仏の行、水月を感じて昇降を得たり。而るに今図らざるに仰を蒙る。辞謝するに地無し。仍って今憖に念仏の要文を集め、剰え念仏の要義を述ぶ。ただ命旨を顧みて不敏を顧みず。これすなわち無慙無愧のはなはだしきなり。庶幾わくは一たび高覧を経てのち、壁底に埋めて窓前に遺すこと莫れ。恐らくは破法の人をして、悪道に堕せしめんことを。

ページのトップへ戻る