浄土宗トップページ > 浄土宗の教え > 選択本願念仏集 > 【第三】念仏往生本願篇

選択本願念仏集 ~ 【第三】念仏往生本願篇

第三章段
弥陀如来余行を以て往生の本願とせず、ただ念仏を以て往生の本願と為たまえるの文。

『無量寿経』の上に云わく、設し我れ仏を得たらんに、十方の衆生、至心に信楽して、我が国に生ぜんと欲して、乃至十念せんに、もし生ぜずんば正覚をとらじ。

『観念法門』に上の文を引いて云く、もし我れ成仏せんに、十方の衆生、我が国に生ぜんと願じて、我が名字を称すること、下十声に至るまで、我が願力に乗じて、もし生ぜずば正覚を取らじ。

『往生礼讃』に同じく上の文を引いて云く、もし我れ成仏せんに、十方の衆生、我が名号を称すること、下十声に至るまで、もし生ぜずば正覚を取らじ。彼の仏、今現に世に在して成仏したまえり。まさに知るべし。本誓の重願虚しからず、衆生称念すれば必ず往生することをを得。

私に云く、一切の諸仏各総別二種の願有り。総とは四弘誓願これなり。別とは釈迦の五百の大願、薬師の十二の上願等のごときこれなり。今この四十八願は、これ弥陀の別願なり。

問うて曰く、弥陀如来、何れの時、何れの仏の所において、この願を発したまえるや。
答えて曰く、『寿経』に云わく、「仏阿難に告げたまわく、乃往過去久遠無量不可思議無央数劫に錠光如来、世に興出して、無量の衆生を教化し度脱して、皆得度せしめて、すなわち滅度を取りたまえり。次に如来有ます。名づけて光遠と曰う。 乃至 次を処世と名づく。かくのごときの諸仏 五十三仏なり。 皆ことごとくすでに過ぎたまえり。その時、次に仏有ます。世自在王如来と名づく。時に国王有り。仏の説法を聞いて、意に悦予を懐いて、ついで無上正真の道意を発し、国 を棄て王を捐て、行じて沙門と作り、号して法蔵と曰う。高才勇哲にして世と超異せり。世自在王 如来の所に詣で乃至 ここにおいて世自在王仏すなわち為に広く、二百一十億の諸仏刹土の天人 の善悪国土の粗妙を説いて、その心願に応じて、ことごとく現じてこれを与えたまう。時に彼の比 丘、仏の所説の厳浄の国土を聞き、皆ことごとく覩見して、無上殊勝の願を超発す。その心寂静にして、志所着無く、一切世間に能く及ぶ者無し。五劫を具足して、荘厳仏国清浄の行を思惟し摂取す。阿難仏に白さく、彼の仏の国土の寿量幾何ぞや。仏の言わく、その仏の寿命四十二劫なり。時に法蔵比丘二百一十億の諸仏の妙土の清浄の行を摂取す。」 已上

また『大阿弥陀経』に云わく、「その仏すなわち二百一十億の仏国土の中の諸天人民の善悪国土の好醜を選択し、為に心中所欲の願を選択す。楼夷亙羅仏 ここに世自在王仏と云う 経を説き畢って、曇摩迦 ここに法蔵と云う。 すなわちその心を一らにして、すなわち天眼を得、徹視してことごとく自ら二百一十億の諸仏の国土の中の諸天人民の善悪国土の好醜を見て、すなわち心中の所願を選択して、すなわちこの二十四願の経を結得す。」 『平等覚経』またまたこれに同じこの中に選択とは、すなわちこれ取捨の義なり。謂く、二百一十億の諸仏の浄土の中において、 人天の悪を捨てて、人天の善をとり、国土の醜を捨てて、国土の好を取るなり。『大阿弥陀経』の選択の義かくのごとし。『双巻経』の意また選択の義有り。謂く、二百一十億の諸仏の妙土の清浄の行を摂取すと云えるこれなり。選択と摂取とその言異なりといえども、その意これ同じ。然れば不清浄の行を捨てて、清浄の行を取るなり。上の天人の善悪、国土の粗妙その義また然なり。これに準じてまさに知るべし。

それ四十八願に約して、一往各選択摂取の義を論ぜば、第一に無三悪趣の願とは、覩見する所の二百一十億の土の中において、あるいは三悪趣有るの国土有り、あるいは三悪趣無きの国土有り。すなわち、その三悪趣ある粗悪の国土を選捨して、その三悪趣無き善妙の国土を摂取するが故に選択と云うなり。第二に不更悪趣の願とは、彼の諸仏の土の中において、あるいは国の中に三悪道無しといえども、その国の人天寿終の後、その国より去って、また三悪趣に更るの土有り。あるいは悪道に更らざるの土有り。すなわちその悪道に更る粗悪の国土を選捨して、その悪道に更らざる善妙の国土を選取するが故に選択と云うなり。第三に悉皆金色の願とは、彼の諸の仏の土の中において、あるいは一土の中に黄白二類の人天有るの国土有り。あるいは純黄金色の国土有り。すなわち黄白二類の粗悪の国土を選捨して、黄金一色の善妙の国土を選取するが故に選択と云うなり。第四に無有好醜の願とは、その諸仏の土の中において、あるいは人天の形色好醜不同なるの国土有り。あるいは形色一類にして好醜有ること無きの国土有り。すなわち好醜不同の諸悪の国土を選捨して、好醜有ることなき、善妙の国土を選取するが故に選択と云うなり。乃至第十八の念仏往生の願とは、その諸仏の土の中において、あるいは布施を以て往生の行とするの土有り。あるいは持戒を以て往生の行とするの土有り。あるいは忍辱を以て往生の行とするの土有り。あるいは精進を以て往生の行とするの土有り。あるいは禅定を以て往生の行とするの土有り。あるいは般若を以て 第一義を信ずる等これなり。 往生の行とするの土有り。あるいは菩提心を以て往生の行とするの土有り。あるいは六念を以て往生の行とするの土有り。あるいは持経を以て往生の行とするの土有り。あるいは持咒を以て往生の行とするの土有り。あるいは起立塔像、飯食沙門および孝養父母、奉事師長等の種々の行を以て、各往生の行とするの国土等有り。あるいは専らその国の仏名を称して往生の行とするの土有り。かくのごとく一行を以て一仏の土に配することは、これ且く一往の義なり。再往これを論ぜばその義不定なり。あるいは一仏の土の中に、多行を以て、往生の行とするの土有り。あるいは多仏の土の中に、一行を以て通じて往生の行とするの土有り。かくのごとく往生の行種々不同なり。つぶさに述ぶべからず。すなわち今は前の布施持戒乃至孝養父母等の諸行を選捨して専称仏号を選取す。故に選択と云うなり。且く五の願に約して、略して選択を論ずることその義かくのごとし。自余の諸願はこれに准じてまさに知るべし。

問うて曰く、普く諸願に約するに粗悪を選捨し善妙を選取すること、その理然るべし。何が故ぞ第十八の願に一切の諸行を選捨し、ただ偏に念仏の一行を選取して往生の本願とするや。
答えて曰く、聖意測りがたし、輙く解すること能はず。然りといえども、今試みに二義を以てこれを解せば、一には勝劣の義、二には難易の義なり。
初めに勝劣とは念仏はこれ勝、余行はこれ劣なり。所以何となれば、名号はこれ万徳の帰する所 なり。然ればすなわち弥陀一仏の所有る四智・三身・十力・四無畏等の一切の内証の功徳、相好・ 光明・説法・利生等の一切の外用の功徳、皆ことごとく阿弥陀仏の名号の中に摂在せり。故に名号の功徳最も勝とす。余行は然らず、各一隅を守る。ここを以て劣とす。譬へば世間の屋舎のごとし。その屋舎の名字の中には棟梁椽柱等の一切の家具を摂すれども、棟梁等の一一の名字の中には一切を摂すること能はず。これを以てまさに知るべし。然ればすなわち仏の名号の功徳は余の一切の功徳に勝れたり。故に劣を捨て勝を取って、以て本願としたまうか。 次に難易の義とは、念仏は修し易く、諸行は修し難し。この故に『往生礼讃』に云く、「問うて曰く、何が故ぞ観を作さしめずして、ただちに専ら名字を称せしむるは何の意有るや。答えて曰く、すなわち衆生障重く、境細かく、心粗く、識(風+易アガ)り、神飛びて観成就し難きに由って なり。ここを以て大聖悲憐して、ただちに勧めて専ら名字を称せしむ。正しく称名易きが故に相続してすなわち生ずるに由る」 已上 
また『往生要集』に「問うて曰く、一切の善業各利益有って、各往生を得。何が故ぞただ念仏の一門を勧むるや。答えて曰く、今念仏を勧めることは、これ余の種々の妙行を遮するには非ず。ただこれ男女貴賤行住坐臥を簡ばず、時処諸縁を論ぜず。これを修するに難からず。乃至、臨終に往 生を願求するに、その便宜を得ること、念仏に如かず。」 已上
故に知んぬ、念仏は易きが故に一切に通ず。諸行は難きが故に諸機に通ぜず。然ればすなわち、一切衆生をして平等に往生せしめんが為に、難を捨て易を取って本願としたまえるか。
もしそれ造像起塔を以て、本願としたまわば、すなわち貧窮困乏の類は定んで往生の望を絶たん。然るに富貴の者は少なく、貧賤の者ははなはだ多し。もし智慧高才を以て本願としたまわば、愚鈍下智の者は定んで往生の望を絶たん。然るに智慧ある者は少なく、愚癡なる者ははなはだ多し。 もし多聞多見を以て本願としたまわば、少聞少見の輩は定んで往生の望を絶たん。然るに多聞の者は少なく、少聞の者ははなはだ多し。もし持戒持律を以て本願としたまわば、破戒無戒の人は定んで往生の望を絶たん。然るに持戒の者は少なく、破戒の者ははなはだ多し。自余の諸行これに准じ てまさに知るべし。まさに知るべし、上の諸行等を以て本願としたまわば、往生を得る者は少なく、往生せざる者は多からん。然ればすなわち弥陀如来、法蔵比丘の昔、平等の慈悲に催され、普く一切を摂せんが為に、造像起塔等の諸行を以て、往生の本願としたまわず。ただ称名念仏の一行を 以て、その本願としたまえる。

故に法照禅師の、『五会法事讃』に云く、「彼の仏の因中に弘誓を立つ。名を聞いて我れを念ぜば、すべて迎来せん。貧窮と富貴とを簡ばず、下智と高才とを簡ばず、多聞と浄戒を持つとを簡ばず、破戒と罪根の深きとを簡ばず、ただ心を回して多く念仏せしむれば、能く瓦礫をして変じて金と成さしむ。」 已上

問うて曰く、一切の菩薩、その願を立といえども、あるいはすでに成就せる有り。また今だ成就せざる有り。未審し、法蔵菩薩の四十八願はすでに成就したまうとやせん、はたいまだ成就したまわずとやせん。
答えて曰く、法蔵の誓願一一に成就したまえり。何となれば、極楽界中にすでに三悪趣無し。まさに知るべし。これすなわち無三悪趣の願を成就するなり。何を以てか知ることを得たる。すなわち願成就の文にまた地獄、餓鬼、畜生諸難の趣無しと云えるこれなり。また彼の国の人天寿終って 後、三悪趣に更ること無し。まさに知るべし、これすなわち不更悪趣の願を成就するなり。何を以てか知ることを得たる。すなわち願成就の文に、また彼の菩薩乃至成仏まで悪趣に更らずと云えるこれなり。

また極楽の人天すでに以て一人として三十二相を具せざること有ること無し。まさに知るべし、これすなわち具三十二相の願を成就するなり。何を以てか知ることを得たる。すなわち願成就の文に、彼の国に生るる者は皆ことごとく三十二相を具足すと云えるこれなり。かくのごとく初め無三 悪趣の願より終わり得三法忍の願に至るまで、一一の誓願皆以て成就せり。第十八の念仏往生の願、あに孤り以て成就したまわざらんや。然ればすなわち念仏の人皆以て往生す。何を以てか知ることを得たる。すなわち念仏往生の願成就の文に、諸有る衆生その名号を聞いて信心歓喜して、乃至 一念至心に回向して、彼の国に生ぜんと願ずれば、すなわち往生を得て不退転に住すと云えるこれなり。

およそ四十八願、浄土を荘厳す。華池宝閣、願力に非ずということ無し。何ぞその中において独り念仏往生の願を疑惑すべきや。如之、一一の願の終わりに、もし爾らずば正覚を取らじと云えり。而るに阿弥陀仏成仏したまいてより已来、今において十劫なり。成仏の誓いすでに以て成就せり 。まさに知るべし、一一の願虚しく設くべからず。故に善導の云く、「彼の仏今現に世に在して成仏したまえり。まさに知るべし、本誓の重願虚しからず、衆生称念ずれば必ず往生を得。」 已上

問うて曰く、『経』に十念と云い『釈』に十声と云う。念声の義云何。答えて曰く、念声はこれ一なり。何を以てか知ることを得たる。『観経』の下品下生に云わく、「声をして絶えざらしめ、十念を具足して南無阿弥陀仏と称せしむ。仏名を称するが故に念念の中において八十億劫の生死の 罪を除く」と。
今この文に依るに、声はこれ念なり、念すなわちこれ声なること、その意明らけし。如之、『大集月蔵経』に云く、「大念は大仏を見、小念は小仏を見る」と。感師釈して云く、「大念とは大声の念仏、小念とは小声の念仏なり」と。故に知んぬ、念すなわちこれ唱なり。

問うて曰く、『経』に乃至と云い、『釈』に下至と云う。その意云何。
答えて曰く、乃至と下至とその意これ一なり。『経』に乃至と云えるは、多より少に向かうの言なり。多とは上一形を尽す。少とは下至十声一声等に至るなり。『釈』に下至と云えるは、下とは 上に対するの言なり。下とは下至十声一声等に至るなり。上とは上一形を尽す。上下相対の文、そ の例これ多し。宿命通の願に云わく、「もし我れ仏を得たらんに、国中の人天宿命を識らずして、 下百千億那由他諸劫の事を知らざるに至らば、正覚を取らじ」と。かくのごとく五神通および光明 寿命等の願の中に、一一に下至の言を置く。これすなわち多より少に至り、下を以て上に対するの義なり。上の八種の願に例するに、今この願の乃至とは、すなわちこれ下至なり。この故に今善導の引釈する所の下至の言、その意相違せず。
ただし善導と諸師と、その意不同なり。諸師の釈には別して十念往生の願と云う。善導独り総じて念仏往生の願と云えり。諸師の別して十念往生の願と云えるは、その意すなわち周からず。然る所以は、上一形を捨て、下一念を捨つるが故。善導の総じて念仏往生の願と云えるは、その意すな わち周し。然る所以は、上一形を取り、下一念を取るが故。

ページのトップへ戻る