選択本願念仏集 ~ 【第五】念仏利益篇

第五章段
念仏利益の文

『無量寿経』の下に云わく。仏、弥勒に語げたまわく、それ彼の仏の名号を聞くことを得ること有って、歓喜踊躍して乃至一念せん。当に知るべし、この人は大利を得と為す。すなわちこれ無上の功徳を具足す。

善導の『礼讃』に云く、それ彼の阿弥陀仏の名号を聞くことを得ること有って、歓喜して一念に至るまで、皆かしこに生ずることを得べし。

私に問うて曰く、上の三輩の文に准ずるに、念仏の外に菩提心等の功徳を挙ぐ。何ぞ彼等の功徳を歎せずして、ただ独り念仏の功徳を讃ずるや。
答えて曰く、聖意測り難し。定んで深意有らん。且く善導の一意に依ってこれを謂わば、原ぬるにそれ仏意は、正直にただ念仏の行を説かんと欲すといえども、機に隨って、一往、菩提心等の諸行を説いて、三輩の浅深不同を分別す。然るに今諸行においては、すでに捨てて歎ぜず、置いて論ずべからざる者なり。ただ念仏の一行に就いて、すでに選んで讃歎したまう。思って分別すべき者なり。

もし念仏に約して、三輩を分別せば、これに二の意有り。一には観念の浅深に隨ってこれを分別し、二には念仏の多少を以てこれを分別す。浅深とは、上に引く所のとし。もし説のごとく行ぜば、理、上上に当るというこれなり。次に多少とは、下輩の文の中に、すでに十念乃至一念の数有り。上中の両輩、これに准じて随って増すべし。『観念法門』に云く、「日別に一万遍の仏を念じ、またすべからく時に依って、浄土の荘厳事を礼讃すべし。大いに精進すべし。あるいは三万六万十万を得る者は、皆これ上品上生の人なり」と。まさに知るべし。三万已上はこれ上品上生の業、三万已去は上品已下の業なり。すでに念数の多少に随って、品位を分別することこれ明らけし。

今ここに一念と言うは、これ上の念仏の願成就の中に言う所の一念と、下輩の中に明す所の一念とを指す。願成就の文の中に、一念と云うといえども、いまだ功徳の大利を説かず。また下輩の文の中に、一念と云うといえども、また功徳の大利を説かず。この一念に至って、説いて大利と為し、歎じて無上と為す。まさに知るべし、これ上の一念を指すなり。この大利とは、これ小利に対するの言なり。然ればすなわち菩提心等の諸行を以て小利と為し、乃至一念を以て大利と為す。また無上功徳とは、これ有上に対する言なり。余行を以て有上と為し、念仏を以て無上と為す。すでに一念を以て一の無上と為す。まさに知るべし。十念を以て十の無上と為し、また百念を以て百の無上と為し、また千念を以て千の無上と為す。かくのごとく展転して、少より多に至り、念仏恒沙ならば、無上の功徳もまた恒沙なるべし。かくのごとくまさに知るべし。然れば諸の往生を願求せん人、何ぞ無上大利の念仏を廃して、強いて有上小利の余行を修せんや。

ページのトップへ戻る