仏事・お勤め ~ 毎日のおつとめ

浄土宗のおつとめは「日常勤行式」と呼ばれます。 それぞれのお経には、深い意味があることはいうまでもありません。しかし、漢文を一読するだけでは、その意味するところがわかりにくいのも事実でしょう。ここでは「日常勤行式」で唱える経文に加え、お経をより味わっていただくために、経文の下に現代語訳を載せています。




香偈 こうげ


がんしんじょう如香にょこう がん心如しんにょ智慧火ちえか
念念焚ねんねんぼんじょうかいじょうこう よう十方三じっぽうさん世仏ぜぶ

お香は「仏さまの使い」とも言われます。
道場だけでなく身体と心を清らかにし、仏さまをご供養いたしましょう。

もっと読む



三宝礼 さんぼうらい


一心いっしんきょう礼十方らいじっぽう法界ほうかいじょうじゅう
一心いっしんきょう礼十方らいじっぽう法界ほうかいじょうじゅうほう
一心いっしんきょう礼十方らいじっぽう法界ほうかいじょうじゅうそう

仏・法(仏さまの教え)・僧(その教えを信じる人々)の三宝を礼拝し、まごころをささげましょう。

もっと読む



四奉請 しぶじょう


奉請ほうぜい方如来ほうじょらいとうちょうさんらく
奉請ほうぜい迦如来きゃじょらいとうちょうさんらく
奉請ほうぜい弥陀びたじょらいとうちょうさんらく
奉請ほうぜい観音勢かんにんせいしょたい菩薩入ほさじとうちょうさんらく

阿弥陀さま・お釈迦さま・もろもろの菩薩さまのお慈悲をあおぎ、
この道場においでくださいとお願いします。
*この四奉請か次の三奉請のいずれかを唱えます。

もっと読む



三奉請 さんぶじょう


じょう弥陀世みだせそんにゅうどうじょう
じょうしゃにょらいにゅうどうじょう
じょう十方じっぽうにょらいにゅうどうじょう

大意は四奉請と同じです。

もっと読む



懺悔偈 さんげげ


しゃく所造諸悪業しょぞうしょあくごう かい由無始ゆむし貪瞋とんじん
じゅうしん語意之ごいししょしょう 一切いっさい今皆懺こんかいさん

はるかな過去より現在まで重ねてきた罪を、仏さまのみ前で悔い改めます。

もっと読む



十念 じゅうねん


南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀なむあみだぶつ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ

「我が名をとなえる者は誰でも極楽浄土に救いとる」と誓われた阿弥陀さまを信じ、心から「南無阿弥陀仏」と十遍繰り返します。
九遍目のみ「なむあみだぶつ」とおとなえしましょう。



開経偈 かいきょうげ


じょう甚深じんじんみょうほう ひゃく千万劫難遭遇せんまんごうなんそうぐう
今見聞得こんけんもんとくじゅ がんにょ来真実らいしんじつ

仏さまの教えを聞ける機会を得たことを喜び、
その尊い法を身につけられるよう、仏さまにお願いします。

もっと読む



仏説無量寿経 四誓偈 ぶっせつむりょうじゅきょう しせいげ


ごんちょうがん ひっ至無しむじょうどう がん満足まんぞく せい成正じょうしょうがく
我於無がおむりょうこう 不為ふいだいしゅ 済諸貧さいしょびん せい成正じょうしょうがく
我至がしじょう仏道ぶつどう みょうしょうちょう十方じっぽう きょうしょもん せいじょうしょうがく
よくじんしょうねん じょうしゅぼんぎょう じょうどう しょてんにん  
じんりきえんだいこう しょうさい しょうじょさんみょう こうさいしゅやくなん
かい彼智慧ひちえげん めつ昏盲闇こんもうあん 閉塞へいそく諸悪道しょあくどう 通達善趣門つうだつぜんじゅもん
功祚くそじょう満足まんぞく 曜朗十方ようろうじっぽう 日月にちがつしゅうじゅう 天光隠てんこうおんげん
しゅうかい法蔵ほうぞう こう施功せく徳宝どくほう じょうだい衆中しゅうじゅう 説法せっぽう師子吼ししく
養一切仏よういっさいぶつ 足衆徳本そくしゅとくほん がんしつじょうまん とく三界雄さんがいおう
にょぶつ無礙智むげち 通達つうだつしょう がん我功慧がくえりき とうさいしょうそん
がんにゃっこっ 大千応感動だいせんおうかんどう 空諸天人くうしょてんにん とうちんみょう

『無量寿経』の一部。仏となってすべての者を救おうと、世自在王如来のみ前で四十八の誓い(四十八願)をたてた法蔵菩薩が、あらためてその決意を述べ、さらに世自在王如来の功徳を讃えて自らもそうありたいとの意志を表明しています。

もっと読む



本誓偈 ほんぜいげ


弥陀みだ本誓願ほんぜいがん 極楽ごくらく要門ようもん
じょう散等さんとうこう そくしょうしょうしん

ここまで唱えたお経の功徳を、極楽往生のためにふりむけます。

もっと読む



十念 じゅうねん


南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀なむあみだぶつ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ

「我が名をとなえる者は誰でも極楽浄土に救いとる」と誓われた阿弥陀さまを信じ、心から「南無阿弥陀仏」と十遍繰り返します。
九遍目のみ「なむあみだぶつ」とおとなえしましょう。



宗祖(元祖)法然上人御遺訓 一枚起請文
しゅうそほうねんしょうにんゆいくん いちまいきしょうもん


宗祖法然上人がご臨終(往生)される二日前に遺されたお言葉です。上人のみ教えの肝要がすべて込められているといわれます。

もっと読む



発願文 ほつがんもん


宗祖法然上人が師と仰いだ中国・唐時代の高僧、善導大師の著書『往生礼讃偈』に収められているもので、最期臨終の際には仏や菩薩方のお迎えをいただいて身心やすらかな中に極楽浄土へ往生できるようにと願い、往生を遂げたなら、苦しみ惑う人々を救い導こうとの誓いを述べる文です。

もっと読む



摂益文 しょうやくもん


こうみょうへんじょう 十方じっぽうかい
念仏衆ねんぶっしゅじょう 摂取せっしゅしゃ 

阿弥陀さまの光明はいつも、お念仏をとなえる私たちを照らしています。そのお慈悲を喜び、極楽浄土への想いを深めましょう。

もっと読む



念仏一会 ねんぶついちえ


お念仏を繰り返しとなえます。数にきまりはありませんが、なるべく多くとなえるのがよいでしょう。

もっと読む



総回向偈 そうえこうげ


がん以此功にしくどく びょうどう一切いっさい
同発どうほつ提心だいしん おうじょう安楽国あんらっこく

お念仏の功徳をすべての人々にふり向け、極楽浄土へともに往生できることを願います。

もっと読む



十念 じゅうねん


南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀なむあみだぶつ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ

「我が名をとなえる者は誰でも極楽浄土に救いとる」と誓われた阿弥陀さまを信じ、心から「南無阿弥陀仏」と十遍繰り返します。
九遍目のみ「なむあみだぶつ」とおとなえしましょう。



総願偈 そうがんげ


しゅじょう辺誓願へんせいがん 煩悩ぼんのう辺誓願断へんせいがんだん
法門ほうもん尽誓願じんせいがん じょう提誓願だいせいがんしょう
自他じた法界同ほうかいどうやく しょう極楽ごくらくじょう仏道ぶつどう

自分自身も仏となるための誓いを述べ、お念仏の功徳によってみな共々に極楽へ往生し、仏の道を歩めますようにと願います。

もっと読む



三唱礼 さんしょうらい


南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ

「南無阿弥陀仏」と三遍、節をつけて計九回となえます。
*この「三唱礼」か次の「三身礼」のいずれかを唱えます。



三身礼 さんじんらい


南無なむ西方極楽さいほうごくらく界本願かいほんがんじょう就身じゅしん阿弥陀仏あみだぶ
南無なむ西方極楽さいほうごくらくかいこうみょう摂取身せっしゅしん阿弥陀仏あみだぶ
南無なむ西方極楽さいほうごくらく界来迎引かいらいこういんじょうしん阿弥陀仏あみだぶ

西のかなたにある極楽浄土にいらっしゃる阿弥陀さまの、大きな三つの特徴を讃えます。

もっと読む



送仏偈 そうぶつげ


しょう仏随縁還本国ぶつずいえんげんぽんごく 散香さんこう心送仏しんそうぶつ
願仏がんぶつ心遙しんようねん どうしょう相勧尽須来そうかんじんしゅらい

おつとめをするにあたっておいでいただいた仏さまをお送りし、また私たちの毎日をお守りくださるようお願いしましょう。

もっと読む



十念(低声十念) じゅうねん(ていせいじゅうねん)


南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀仏なむあみだぶ 南無阿弥陀なむあみだぶつ
南無阿弥陀仏なむあみだぶ

自分の耳に聞こえる程度の小さい声でお念仏を十遍となえます。


お問い合わせ先

浄土宗出版

〒105―0011 東京都港区芝公園 4-7-4
TEL 03-3436-3700 FAX 03-3436-3356

ページのトップへ戻る