~ 発願文 ほつがんもん

発願文 ほつがんもん


ねがわくは弟子でしとう 命終みょうじゅうときのぞんで、こころ顚倒てんどうせず、こころ錯乱しゃくらんせず、こころ失念しつねんせず。身心しんじんもろもろつうなく、身心しんじんらくにして、ぜんじょうるがごとく、


私ども往生浄土を期している者は、このように願っております。
「命が終わる時には、どうか心がうろたえませんように、どうか心が乱れませんように、どうか心がおぼろげになりませんように。そして、どうか身心ともに何の苦痛もなく、喜びに満ち、あたかも禅定に入ったようにおだやかでありますように。



しょう衆現前じゅげんぜんしたまい、ほとけ本願ほんがんじょうじて、阿弥陀あみだ仏国ぶっこくじょう品往ぼんおうじょうせしめたまえ。


阿弥陀仏はじめ、多くの菩薩方を現前に拝することができ、阿弥陀仏の本願(他力)の船に乗せていただいて、極楽世界の最高の位に往生させていただきますように」と。



くにいたおわって、六神通ろくじんずうて、十方界じっぽうかいかえって、衆生しゅじょうしょうせん。


極楽浄土に往生したなら、六つの優れた能力を得て、あらゆる迷いの世界に還って、悩み苦しんでいる人々を救い、お念仏にご縁を結ばしめ、皆をお浄土に導こうと思います。



空法界くうほうかいきんや、がん亦是またかくごとくならん。発願ほつがんおわんぬ。しん阿弥陀あみだぶつみょうしたてまつる。


すべてを包みこんでいるこの広大な世界には際限というものがあるでしょうか(いやありません)。それと同様に、私どもの願いもまた際限などございません。以上、私どもの願いと誓いを申し述べました。
心から阿弥陀仏にお願いし、おまかせいたします。

ひとつ前に戻る ページのトップへ戻る