浄土宗トップページ > 浄土宗の活動 > 浄土宗開宗850年

浄土宗の活動 ~ 浄土宗開宗850年

浄土宗開宗850年の基本方針

 浄土宗の宗祖・法然上人は、1175年(承安5年)に浄土宗を開かれました。
 2024年に、浄土宗は開宗850年を迎えます。
 法然上人は、「南無阿弥陀仏」とお念仏を称えることにより、すべての人が平等に阿弥陀さまに救われていく道を説かれました。
 浄土宗を開かれた理念について、法然上人は次のように仰っています。
「私が浄土宗を立てた意趣(いしゅ=考え)は、凡夫(ぼんぷ=仏教の道理を理解していない者)が阿弥陀仏の報土(ほうど=西方極楽浄土)に往生できることを示すためである。」
(『法然上人行状絵図』第6巻第6段)
 その開宗の理念を重く尊び、開宗850年の基本方針を「法然上人開宗の御心を示す」として、法然上人のみ教えを広く多くの人々に、お伝えし知らしめていくことといたしました。

浄土宗開宗850年キャッチコピー「お念佛からはじまる幸せ」とは

 浄土宗開宗850年キャッチコピー「お念佛からはじまる幸せ」とは、ただ単に「幸せ」を追求するのではなく、本当の「幸せ」とは何かを考えなおすためのフレーズです。
欲求が満たされることも「幸せ」の一面ですが、欲求が満たされることだけが「幸せ」ではありません。
「仏法僧の三宝」の「明るく、正しく、なかよく」生きる生活の中に、「幸せ」の本質があると考えます。
「お念佛からはじまる幸せ」とは、お念仏を称えることにより、自分自身が生かされていることに気づかされる。そして、お念仏を称えることが阿弥陀さまに見守られ、救われていく安心につながり、お念仏の信仰を深めていくことです。

浄土宗開宗850年シンボルマーク

 浄土宗は、「お念佛からはじまる幸せ」を象徴するシンボルマークの募集をしました。
 全国から創意工夫を凝らしたすばらしい601点の作品が寄せられました。
 そして、選考委員会において、厳正な選考の結果、最優秀賞は、法然上人のシルエットを表現した神奈川県在住の梶塚盛利氏の作品に決定しました。
 このシンボルマークを用いて開宗850年をPRしてまいります。

<梶塚氏の作品コンセプト>
 念仏をとなえるイメージを数多く考えてみましたが、他宗との違いを明確にするには850年の長期にわたる法然上人の存在を強く表現することが最もわかりやすく、開宗の起源を多くの方々に再認識していただく機会にもなると考えました。シンプルな法然上人のシルエットと色使いによって新しさも出しています。

マーク


展示会


シンボルマーク応募された展示会(優秀作品と一部の展示)を次のとおり行います。

 
・平成30年 1月22日(月)~ 4月7日(土) 大本山増上寺 宝物展示室前ラウンジ
・平成30年 3月23日(金)~29日(木) 大本山善導寺
・平成30年 4月 9日(月)~11日(水) 大本山善光寺大本願
・平成30年 4月20日(金)~23日(月) 大本山清浄華院
・平成30年 4月22日(日)~25日(水) 大本山金戒光明寺
・平成30年 4月23日(月)~25日(水) 大本山知恩寺
・平成30年 7月 4日(水)~ 6日(金)大本山光明寺



浄土宗開宗850年過去の記事

ページのトップへ戻る