仏事まめ知識 ~ 仏壇のまつり方

仏壇とは

お仏壇とは、寺院の本堂を模した、いわばお寺のミニチュア版といえるもの。そしてその本堂は、経典に説かれる西方極楽浄土の様相(すがた)を具現化したものです。
ひとくちにお仏壇といっても、大きさから形、色や素材、そして価格にいたるまで実にさまざまです。最近は洋間用のものも普及し、選択肢が広がっています。
安置する場所のスペース(寸法)を確認して、まずは適切な大きさを優先して考えましょう。

*イラストは一例です。しつらえ方やご供養の形態は地方・地域によって異なります。

仏壇を新たに求められる方

「浄土宗はこのお仏壇・仏具」という厳密な決まりはありませんが、宗派によっては専用のお仏壇がありますので、そうしたものは選ばないようご注意ください。

本尊

お仏壇の〝主役〟は信仰の対象とする仏さまで、ご本尊とお呼びします。浄土宗のご本尊は阿弥陀仏(阿弥陀さま)です。お祀りしていない場合は、ぜひお迎えください。
阿弥陀仏のお姿には彫刻と仏画があり、そのいずれにも、座ったお姿(坐像)のものと立ったお姿(立像)のものとがあります。坐像は極楽浄土で私たちをお待ちになっているお姿を、立像はお浄土から私たちをお救いに来てくださるお姿を象(かたど)っています。

浄土宗では立像をお祀りするのを基本としますが、坐像でも結構です(現在、坐像のご本尊をお祀りの方は買い替える必要はありません)。材質や大きさもさまざまですから、求める際にはお仏壇の大きさを考慮して選びましょう。
阿弥陀さまを中心に、向かって左に法然上人、右に善導大師(ぜんどうだいし)(中国・唐時代にお念仏の教えを弘めた高僧。法然上人が師と仰いだ方)もお祀りしましょう。なお、阿弥陀さまは観音菩薩(かんのんぼさつ)・勢至菩薩(せいしぼさつ)をしたがえていると説かれていますから(これを「阿弥陀三尊(あみださんぞん)」といいます)、スペースに余裕があれば、阿弥陀さまに向かって右に観音菩薩を、左に勢至菩薩をお祀りできればなお結構です。


位牌

詳しくは位牌の項目をご覧ください。

そのほかの備品

お香やお線香をたく香炉、ろうそくを立てる燭台(しょくだい)、花を生ける花瓶はぜひご用意ください。お香は身を清らかにし心を静かに落ち着かせるため、ろうそくの火は仏さまの智慧(ちえ)の光、美しい花は供養のまごころを表す意味があります。それぞれを一つずつ揃える場合を三具足(みつぐそく)、燭台と花瓶を各一対で揃える場合を五具足(ごぐそく)といい、いずれにするかはお仏壇のスペースと相談してお決めください。香炉を中央に、その向かって右に燭台を、左に花瓶を置きます(三具足の場合)。五具足の場合には、香炉の左右に燭台を、その外側に花瓶を置きます。
また、ご飯や茶湯(さとう)を供える仏飯器(ぶっぱんき)・茶湯器、線香立て、供物を載せる高坏(たかつき)、鈴(りん)、マッチ消し、お経本なども揃えましょう。常花(じょうか)、灯籠(とうろう)、打敷(うちしき)、天蓋(てんがい)などを安置するとお仏壇がより荘厳になります。お仏壇手前に置く経机(きょうづくえ)、木魚などは、適宜ご検討ください。

お供物は、生菓子(饅頭など)・干菓子(落雁など)・水菓子(果物など)が主ですが、向かって右にお菓子、左に果物を供えます。また、季節の初物や到来物は、まずお仏壇にお供えしてからいただくようにしましょう。

仏壇の位置と向き

基本は、「仏さま、ご先祖さまに失礼にならない場所・置き方」に留意することです。次を参考にしてみてください。

・いつも家族が集う居間などに。
・心静かに「おつとめ」(勤行・読経(ごんぎょう・どきょう))のできる、奥まった部屋などに。
・拝むときに西(極楽浄土のある方角)を向くように、つまりご本尊が東を向く場所に。
・神棚のすぐ下や、神棚と向かい合わせにならない場所に。
・階段や、物を置く棚などが上方にない場所に。
・直射日光が当たらない場所に。

間取りによってはなかなか理想通りにはいかないかもしれませんが、先に挙げた項目が一つでも多く当てはまる置き方が理想です。なお、西(東向き)に安置できない際でも、「お仏壇のある方角が、阿弥陀さまやご先祖のいらっしゃる西方極楽浄土の方角」の思いでお参りすることが大切です。

特別な日には御霊膳を

毎朝、仏飯器にご飯とお水、お茶をおあげするのが、日々のお給仕の基本ですが、特別な日、たとえば月(つき)命日や祥月(しょうつき)命日(毎年の命日)、春・秋のお彼岸、お盆などには、別に御霊膳を用意しておもてなししたいものです。
詳しくは御霊膳をご覧ください。

開眼供養と撥遣供養

お仏壇やお仏像、お位牌などの新調や買い替えをお考えの場合には、事前に菩提寺にご相談することをお勧めします。購入後は、み仏をお招きする「開眼式」、反対に古いお仏像やお位牌は、一度お招きしたみ仏にお帰りいただく「撥遣式」を菩提寺にお願いします。
詳しくは開眼式・発遣式をご覧ください。


注意したいこと
お家のお仏壇をあらためてよくご覧ください。花は枯れたまま、供物にはカビが生え、仏具はほこりだらけ、仏飯器や茶湯器はあるけれど、ご飯もお茶もおあげしていない、他宗の祖師像画が祀られていたり、古いお札やお守り、菩提寺からいただいた冊子や手紙類が多数押しこめられていたり…、といったことはありませんか。お祀りしている仏さま、ご先祖のお気持ちになったつもりで、喜んでいただけるように心がけることが大切です。

清掃の際には、お仏像、お位牌はもちろん、仏具は壊れやすいのですべて丁重に扱い、仏壇・仏具用の布で拭くのを基本に、汚れがひどい場合には、家庭用品用の洗剤を溶かしたぬるま湯を柔らかい布や脱脂綿に浸して拭きとり、さらにカラ拭きをするとよいでしょう。

ページのトップへ戻る