仏事まめ知識 ~ お布施・お香典

ご遺族やお坊さまに差し上げるお布施やお香典などは、そのときどきによって表書きが違います。

施主家(遺族)に差し上げる場合

・お葬式・・・御霊前、御香典、御香奠、御香資、御香料、(弔問するときのお香典)
・ご法事・・・御仏前、御侠御供物料

香典について

(こうでん) とはもともとお香を持参して供えた物で、香奠(こうでん) と書き、奠は供え物を意味していましたが、いつしかお金を包むようになりました。
香典は四十九日までに持参するものですが、通夜に弔問するときは通夜に、通夜には行かず葬儀に参列するときは葬儀のときに持参します。通夜と葬儀どちらにも行く場合は通夜に持参し、葬儀では不要です。
また、通夜も葬儀も行けないが、せめて気持ちをと香典を会葬する友人や知人に委ねることがありますが、香典は四十九日までに持参するものですから、後日改めて訪問できればそのほうが良いでしょう。その時には、連絡をとってから訪問し、お線香をあげさせてもらい、念仏を称え、故人の冥福を祈りましょう。
さて、気になるのが香典の額でしょうが、これは地域によって大きく異なります。事前に相談できる人をみつけ、聞いてみるのがよいでしょう。
香典の出し方は、受付などでは名前を相手に向け、霊前では自分の方に名前が向くようにします。 また表の名前を書き忘れる人は、ほとんどいませんが、裏の金額や住所を書かない人がいます。整理する相手のことを考え、たとえどんなに親しくてもきちんと住所や金額を書きましょう。

お坊さまに差し上げる場合

・御布施(「御車料」「御膳料(粗飯料)」「粗末料」「御菓子料」)

近年、お布施やお香典の袋は手軽に手に入りますが、以前はどこの家庭でも手作りで書き方や作り形も様々でした。心を込めて手作りするものなので失礼にはあたりませんが、表書きには気を付けたいものです。
特にお坊さまに差し上げるお布施袋に「お経料」など「○○料」は商取引の支払いの意味になってしまうので避けましょう。
ただし、交通費や食事代の「御車料」「御膳料(粗飯料)」「粗末料」「御菓子料」は失礼には当たりません。

一般的な袋の折り形

新しい半紙などの紙で作ります。

ページのトップへ戻る