仏事まめ知識 ~ お布施・お香典

お布施やお香典を包む袋を俗に不祝儀袋・香典袋などといいます。水引は黒白または黄白などの組み合わせ、あるいは銀一色などで、「二度と起こらないように」との意味が込められた「結び切り」のかたちが用いられます。

お布施の表書きは、「御布施」とします。「御車料」や「御膳料」など、別の包みを用意することもあります。

お香典の場合には「御香典」「御霊前」「御仏前」などと書きます。「御霊前」と「御仏前」を四十九日の前後で使い分けることもあります(地方によりしきたりに違いが見られます)。また、悲しみを表す薄墨で書くこともマナーとされているようです。
お金は白無地の封筒を中包みとして用いると、より丁寧です。その裏面には氏名(団体名)、住所(連絡先)、金額を書いておくことも忘れずに。中包みに金額を書く際には、一→壱、二→弐、三→参、五→伍、十→拾、千→阡、万→萬と、旧字を使用することもあります。

お香典は四十九日までに持参するのが一般的ですが、通夜に弔問するときは通夜に、通夜には行かず葬儀に参列する場合は葬儀の時に持参します。通夜と葬儀に行く場合は通夜で持参し、葬儀では不要です。また「通夜も葬儀も行けないが、せめて気持ちを」と、会葬する友人などに委ねることがありますが、後日改めて訪問できるようであればそのときに持参するほうが良いかもしれません。

表書きについて

ご遺族やお坊さまに差し上げるお布施やお香典などは、そのときどきによって表書きが違います。

施主家(遺族)に差し上げる場合

・お葬式・・・御霊前、御香典
・ご法事・・・御仏前

お坊さまに差し上げる場合

・御布施(「御車料」「御膳料」)

一般的な袋の折り形

新しい半紙などの紙で作ります。

ページのトップへ戻る