仏事まめ知識 ~ 位牌と過去帳

位牌とは、故人の御霊(みたま)が宿るものとして拝礼の対象にする、台座の付いた木の板に「法名(ほうみょう)」(いわゆる「戒名」。以下「法名」と記します)を記したものです。発祥については、中国の儒教に求められ日本には鎌倉時代に伝えられたとする説、あるいは日本で魂祭りに用いられていた神や霊の依代(よりしろ)とする説などがあります。これもお仏壇同様、大きさや形、装飾にいたるまで種類が豊富ですが、代表的なものを挙げてみます。



白木(しらき)位牌

通夜・葬儀の際に用いられます。地方にもよりますが、白木位牌は二基作り、一期は納骨時に一緒に埋葬し(野(の)位牌)、もう一基は自宅の中陰壇(ちゅういんだん)(四十九日までしつらえておく特別な祭壇)に祀って、四十九日以後は黒の漆塗りや金箔塗り、あるいは黒檀(こくたん)や紫檀(したん)といった堅い材質の板位牌に作り替えます。これらのお位牌は、いずれも変質や退色がしにくく、「阿弥陀さまの浄土に往生したなら、ご先祖といつまでも安らかであってほしい」との願いが込められたものということができるでしょう。白木位牌は菩提寺に納め、通常は、お焚(た)き上げ(ご供養して焼却すること)していただき、お仏壇にお祀りすることはありません。



板位牌

蓮の花をかたどった蓮台(れんだい)の上に板が乗せられた形の、もっとも一般的なお位牌です。通常は一期のお位牌におひとりの法名を記しますが、夫婦おふたりの法名を記すこともあり、これを夫婦(めおと)位牌などと呼んでいます。
この場合には向かって右側に夫(男性)、左に妻(女性)の法名を記します。また、個人のものとは別に先祖代々のものを作ってお祀りするのが理想です。



繰り出し位牌

位牌

*イラストは一例です。

繰り位牌ともいいます。厨子(ずし)の形状で、その中に法名を記した板札を複数枚重ねて入れられるようになっています。
ご先祖が多い場合にこのお位牌を用いることがあり、通常は「○○家先祖代々」と記した板札が一番手前になるようにし、その奥に個々の御霊の板札を入れます。お命日にその方の法名が記された板札を一番手前にして、拝することができるようにします。
位牌の並べ方は、お仏壇の上から2段目(小型のお仏壇の場合には1段目でも)に、古い故人のものから向かって右の内側、左の内側、右の外側、左の外側…、の順が基本です。地方によっては、寺院に位牌堂を備えていることがあり、この場合にはお位牌は二基作って、一基は位牌堂にお祀りすることになります。



過去帳

故人の法名、俗名、命日、行年(亡くなった歳)などを書きとめておく、お経本のような作りをしたものです。ご先祖が多いためにお位牌をお祀りしきれない場合、あるいは三十三回忌、五十回忌などを節目に、ご先祖個々の法名簿はこの過去帳に書き移し、個々のお位牌は先祖代々のお位牌に集約するなどします。

ページのトップへ戻る