仏事まめ知識 ~ 数珠の掛け方

お参りの際にぜひ身につけたいものに、お数珠があります。

数珠はその字が表す通り、となえたお念仏の数をかぞえるための仏具で、念珠(ねんじゅ)ともいいます。材質や形状などさまざまで、とくにかたちは宗派によって違いがあります。
浄土宗で一般に用いるのは、紐を通した珠(たま)の輪を二連組み合わせたもので、他宗には見られない独特のものです。

通常は二連とも一緒に左手の手首に掛け、合掌の際には人差し指と親指の間に二連とも親珠(おやだま)(大きな珠)の部分を挟んで、そのまま礼拝します。また、右手で木魚を打ちながらお念仏をとなえる際には、数珠を持った左手を左ひざの上に自然に置き、図のように親指と人さし指で一方の輪(珠が全て同じ大きさの輪Ⓐ)を挟み、人さし指と中指でもう一方の輪(大きい珠と小さい珠が組み合わされた輪Ⓑ)を挟みます。お念仏を1回となえるごとに親指でⒶの珠を一つ、手前に繰っていき、一周したらⒷの珠を人差し指と中指で手前に一つ動かします。これを繰り返して二連すべての珠を繰り終えたら、十個の平らな珠がついた房(Ⓒ)の珠を一つ上げ、以上の所作をすべて終えたら六個の丸い珠がついた房(Ⓓ)の珠を一つ上にあげ…と数を取っていきます。

数珠を、合掌した手のひらの間に挟んでジャラジャラと擦り合わせる作法は浄土宗にはありませんのでご注意ください。

ページのトップへ戻る