仏事まめ知識 ~ 数珠の掛け方

数珠は「寿珠」と書くこともあります。また、「念珠(ねんじゅ)」と呼ぶこともあり、常に念仏を励み、信仰を高めるために持ちます。

浄土宗では、通常「日課数珠」二連の数珠を用います。

数珠の掛け方は、図のように合掌した手の親指と人差指の間に掛けて、親指の後ろの方にたらします。合掌していない時には、左の手首に掛けるようにします。

この数珠は仏さまを拝んだり、念仏を称える時には欠かせない大切な仏具です。数の珠と書くように念仏を数えやすくするための道具であり、無量寿(阿弥陀さま)の寿と書くように、浄土宗にとっては大変大切な仏具なのです。

浄土宗の数珠は日課数珠といい、二つの輪がつながっている独特の数珠です。時々数珠を手のひらの間でガチャガチャさせている方がいますが、浄土宗ではしませんので注意してください。

合掌して拝むとき

二連の数珠をそろえて両方の親指にかけ手と体の間にたらしてください。

合掌していないとき

二連とも一緒に左手の手首に掛けるようにします。
数珠は仏教徒のシンボルともいうべきものです。仏前では、いうまでもなく、普段から身につけておきたいものです。

ページのトップへ戻る