浄土宗トップページ > 仏事まめ知識 > お盆の準備と迎え方

仏事まめ知識 ~ お盆の準備と迎え方

1. お盆はいつから? どうやって迎える?

お盆は一般に7月または8月の13日から15日(16日)ですが、地方により多少の違いが見られます。
初日である13日に、先立たれた方のみ霊(たま)が戻ってこられるとされます。そのお迎えの方法が「迎え火」です。
「迎え火」以外にも、六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)(京都)のようにお寺の鐘を撞くことでお迎えする、提灯(ちょうちん)を持ってお墓に迎えにいく、という地域もあります。

亡くなって四十九日を過ぎて以降に初めて迎えるお盆を、「新盆(にいぼん)」(「初盆(はつぼん)」)と呼びます。そのときは、白い提灯を家の軒下につるすなど、いつものお盆とは違った飾り方をすることがあります。

obon

イラスト・遠藤由貴子

盆提灯

精霊棚の左右に、先祖の霊へ目印として飾ります。一般的には絵柄のついた盆提灯ですが、地方により新盆に限り白い提灯を使うこともあります。

迎え火

お盆の入りの日、ご先祖さまをお迎えする慣わしが「迎え火」です。
門前や玄関先で長いオガラ(麻の茎の皮をはぎ、乾燥させたもの)を小さく折って、素焼きの器などに組み火をつけます。立ち上る煙に乗り、炎を目印にして、ご先祖さまがいらっしゃるとされています。合掌し、お念仏をとなえてご先祖さまをお迎えしましょう。チラチラと燃える炎は、深く心に残るものです。この迎え火で、お盆が来たことを実感する、という方も多いと思います。

2. お盆には何をすれば?

お盆の期間中は、お迎えしたみ霊が家にいらっしゃいます。そのため、お祀(まつ)りをする特別な場を設けることもあります。それが、「精霊棚(しょうりょうだな)」(「盆棚(ぼんだな)」とも)です。これはお仏壇とは別に、ご先祖さまをお迎えする場として設(しつら)えるものです

間取りなどの都合によっては、精霊棚を設けずにお仏壇を飾ってお迎えの場としたり、新盆の場合は特に荘重にお飾りするなど、設え方は地域・家庭などによって大きく異なります。設えについては菩提寺におたずねいただくか、ご近所の檀信徒の方に聞いてみるのもよいでしょう。もし質問できる方がいない場合には、こちらを参考にご自身のできる範囲でなさってください。

ご先祖さまにはご霊膳やお供物を供えしましょう。地域・地方によってはお出しする食事が決まっていることもあります。そうでない場合、ご霊膳は「一汁三菜」の精進料理を基本としますが、ご家庭で召し上がるものと同じ食事を出してもよいでしょう。その際、お膳の向きは、ご先祖さまが召し上がれるようにします。お供物として故人の好きだったものをお供えすれば、きっと喜んでいただけるはずです。

もちろんご先祖さまにとっての最上の捧げものは、極楽浄土でのさらなる安寧を願ってとなえるお念仏です。お盆のあいだは普段より一層ご先祖さまに対する想いを込めてお念仏をおとなえし、菩提寺のご住職などがご自宅に「棚経(たなぎょう)」に訪れた際には、一緒にお念仏をおとなえして、あなたにとって大切な、先立たれた方々をご供養いたしましょう。
一か所に集まることができない、お墓参りに行けないということがあるかもしれません。そのようなときも、あなたがご先祖さまを想い、手を合わせる、そのお気持ちを大切になさってください。

関連リンク:「いっしょ いっしょ」エッセイ

精霊棚のしつらえかた

一般的にお盆には、「精霊棚(しょうりょうだな)」を設えてご先祖さまをお迎えします。
まずお仏壇の前に机を用意し、真菰(まこも)でできたゴザを敷きます。そしてお迎えする場を清らかにするため、竹を四隅に立て縄の結界(けっかい)を張り、そこに提灯に見立てたホオズキなどを吊るします。

次に、お仏壇に安置されているお位牌を机の一番奥に移します。位牌の前にはお供物やご霊膳を供えましょう。ご霊膳は手前に箸を置き、左手前にご飯、右手前に汁もの、左奥に和え物などのお壺、右奥に煮物などのお平、中央に漬物などの香の物を配置したらお膳を半回転させて箸が仏さまの方になるようにして供えます。ご霊膳の両側にはお供物を、手前には香炉( 線香立て)、その右側に灯明(ロウソク)、左側に生花を置きます。

細かく細の目状に刻んだナスとキュウリ、お米と少量の水を加えて、蓮の葉の上に置いた「水の子」には無縁の諸霊への供養の意味が、蓮の葉の上に少量の水と数本束ねたミソハギを置いた「閼伽水(あかすい)」は仏さまに捧げる清らかな水を意味し、一緒に供えます。蓮の葉が手にはいらない場合は、芋の葉やお皿で代用してもかまいません。

そして、お浄土から少しでも早く来てもらうためキュウリの馬、帰りはゆっくり帰ってもらうという意味をこめてナスの牛を、割り箸などを刺して作って飾ります。

時期になると、飾り物やお供物がスーパーなどで売り出されます。それを利用するのも一つの方法です。

*イラストは一例です。しつらえ方やご供養の形態は地方・地域によって異なります。

棚経(たなぎょう)

お盆中に僧侶にお経をあげてもらうことを棚経といいます。菩提寺などご縁のあるお寺にお願いして僧侶を招きます。新盆の家庭では、親族や友人を招いて故人の供養を丁重にするのが一般的で、精進料理や故人の好物でもてなします。

御布施は地方、地域によってさまざまですが御車料や御膳料も包むこともあります。

3. どうやってご先祖さまをお送りする?

15日(16日)には、ご先祖さまをお浄土へお送りします。その際には多くの地域で「迎え火」と同様の方法で、「送り火」を焚きます。

送り火の風習で最も有名なのが、「大文字」の名でも知られる京都五山の送り火でしょう。
この地域では、この火によってご先祖さまを送っています。

また飾りに使ったものやお供え物を小さな木の舟に乗せたり、真菰(まこも)に包んで川に流すことで、ご先祖さまをお送りする「灯篭(とうろう)流し(「精霊(しょうりょう)流し」とも)」という行事を行っている地域もあります。しかし、近年は環境問題から禁止している自治体も少なくありません。行事として実施しているか、可能かどうかを確認してから行いましょう。

送り火

迎え火は帰ってくるご先祖さまが迷わないための目印、送り火はお浄土にお戻りになるのを見守るためといわれています。
お盆の終わりには迎え火と同様、送り火を焚いて、「来年もまた、お会いしましょう」の心をこめ、一緒に過ごした時間を懐かしみながら、お送りしてください。

注意したいこと

ご紹介した作法や設えはあくまで一例で、ご先祖さまのおもてなしのしかたはさまざま。大切なのは、敬い、大切にする気持ちです。お盆の期間はその想いを持って、先立たれたみ霊(たま)とのひと時をお過ごしください。

ページのトップへ戻る