仏事まめ知識 ~ お盆の準備

精霊棚

家庭の仏壇・仏具を清め、仏壇の前に精霊棚を設けます。精霊棚は一般に小机の上に真菰(まこも) のゴザを敷き、花、季節の野菜や果物、菓子、故人の好物などを供えます。

地方によっては水の子やあかみずもいっしょに供えます。また、キュウリの馬やナスの牛も先祖の霊がこの世との往復に使う乗り物として供えられることがあります。

盆提灯

精霊棚の左右に、先祖の霊へ目印として飾ります。一般的には絵柄のついた盆提灯ですが、地方により新盆に限り白い提灯を使うこともあります。

迎え火

家庭の玄関先で、折った苧殻を井ゲタに積んだものに火をつけて燃やします。先祖の霊が迷う事のないようにという習わしです。

棚経

お盆中に僧侶にお経をあげてもらうことを棚経といいます。菩提寺や、都合によりご縁のあるお寺にお願いして僧侶を招きます。棚経の時には、家族が揃って僧侶のうしろに座るのが望ましいです。

新盆の家庭では、親族や友人を招いて故人の供養を丁重にするのが一般的で、精進料理や故人の好物でもてなします。

御布施は地方、地域によってさまざまですが御車料や御膳料も包むこともあります。

送り火・精霊流し

お盆の明けには、先祖の霊を送る為に送り火をたきます。地方によっては供え物などを小さい船に乗せ、川や海に流す精霊流しや灯籠を流す灯籠流しなども行われます。

もともとお盆は、七月十三日から十六日まで行われていましたが、明治以降は、七月の農繁期を避け、一ヶ月遅れで行う地方が多くなってきました。

◎お盆の準備は、地方、地域によってさまざまです。詳しくはお近くのご住職にお問合せください。

ページのトップへ戻る