仏事まめ知識 ~ お盆の由来

お盆は昔から日本人の心に深く根づいた風習・行事です。その由来は「盂蘭盆(うらぼん)経」というお経によっています。それによりますと、お釈迦さまの十大弟子で「神通第一」といわれる目連さまが、ある日、亡くなった自分の母親のことを神通力を使って見ていると、なんと母親は餓鬼の世界に堕ちて、苦しみにあえいでいました。びっくりした目連さまは、お釈迦さまのところへとんで行き、どうしたらよいかを相談しました。するとお釈迦さまは、「雨季の修行を終えた僧たちが7月15日に集まって反省会を行うから、その人たちにごちそうをして、心から供養しなさい」とおっしゃりました。その通りにすると、目連さまの母親は餓鬼の苦しみから救われました。

お釈迦さまはさらに「同じように、7月15日にいろいろな飲食を盆にもって、仏や僧や大勢の人たちに供養すれば、その功徳によって、多くのご先祖が苦しみから救われ、今生きている人も幸福を得ることができよう」とお説きになりました。
日本では、この教えによって7月や8月の特定の期間に精霊棚などを設置して、供養を行う行事を盂蘭盆と呼びます。

この盂蘭盆の語源についてはさまざまな説が提唱されてきました。近年では研究が進み、「盂蘭盆」は「ご飯をのせた盆」の意味であるとする説が有力となっています。

ページのトップへ戻る