仏事まめ知識 ~ お墓について

亡くなった方のご遺体(ご遺骨)を埋葬するための施設、「お墓」。世界にはさまざまな形のお墓がありますが、仏教の歴史としてたどれば、お釈迦さまの遺骸を火葬し、ご遺骨を埋葬して供養するために信者が設けた塔(仏塔=ストゥーパ=卒塔婆(そとうば))がそのルーツです。それが仏教の伝播(でんぱ)にともなって各地に広まり、その土地や地域の文化、従来の信仰などの影響を受けるなどしてさまざまな形に変化しました。

日本では奈良時代における仏教伝来とともに火葬が導入され、浄土往生、成仏を願って墓が建立されるようになりますが、火葬や墓石建立が庶民にまで一般化するのはずっと後代になってからです。現今、もっとも多く見られる「○○家先祖代々之墓」「○○家之墓」などと刻まれた形態のものが普及するのは、大正期半ば以降のことといわれます。昨今は「愛」「絆」など、故人が好きだった文字などを刻む、従来の形式にとらわれないものも増えています。

お墓の種類

お墓は寺院の境内地にあるもの(寺院墓地)のほか、公営や民営の墓地もあります。

・寺院墓地
基本的にはその寺院の檀徒のために設けられた墓地で、境内地のほか、その寺からは離れた寺領にあるケースも。檀家となり永代(えいたい)に渡って使用する権利を得ます。あくまで「使用」であり、土地そのものの購入ではありません。信仰と信頼のもと、供養をしていただけます。
・公営墓地
都道府県や市町村など行政が管理・運営する墓地。宗旨を問わず、また使用料も手頃なところが多いため概して人気が高く、抽選による場合もあります。
・民営墓地
民間企業が管理・運営する墓地。宗旨は問われませんが、経費は公営と比較すると割高なことが少なくありません。また民営墓地の中には寺院が管理するものも多いですが、寺院墓地とは異なり檀家になるという条件はありません。

これらのほか、村落・集落ごとに設けられた共同墓地などもあります。


変化する、お墓・埋葬・供養のスタイル

お墓や埋葬、供養のあり方に変化が現れていることは、多くの方がご承知でしょう。それは核家族化、少子化といった家族のあり方、あるいは生活そのもの、また人々の価値観の変化が大きく影響していると指摘されます。

たとえば、平面墓地や野墓地と呼ばれる、一般的な従来の墓地がまだ大部を占めているとはいえ、屋内のロッカー式墓地、多数の遺骨を共同で埋葬する合同墓(合祀墓(ごうしばか))、樹木の下に埋葬する樹林墓地などが増えてきているほか、遺骨を海や山に撒く散骨を選択するケースもあります。「故人の遺志」「自然に還る」などといえば聞こえは良いのですが、樹林墓地や散骨などは一たび遺骨を埋葬したり撒いたりしてしまえば再び集めることはできません。一時期の感傷や風潮に左右されることなく、家族や信頼のおける人とよく相談して決めたいものです。

こうした多様化傾向にあるお墓を、①誰と入るのか、②どう埋葬するのか、③誰が供養するのか、の観点から分けてみると整理がつきます。

①は、いわゆる先祖墓、夫婦双方の先祖を埋葬する両家墓、夫婦墓、個人墓、合祀墓など、②は、一柱ごとに壷に入れたり布で包むなどするのか、それとも他の方の遺骨と混ざるような状態なのか、③故人の配偶者や子なのか、兄弟や親族なのか、あるいはまったくの第三者(寺院や霊園)に委ねるのか、といったことが挙げられます。③の「第三者」というのは、いわゆる「永代供養墓」ですが、必ずしも「合祀墓=永代供養墓」でない点にご注意ください。

合祀墓と永代供養墓

少子化・高齢化、あるいは社会の〝個人化〟などが進む中、従来のかたちでの墓地の継承が難しくなってきた状況を受けて登場したのが、いわゆる「永代供養墓」です。この利用を検討する際にはいくつか注意したいことがあります。

まず、「永代」という点です。これは「永遠」の意味ではありません。「埋葬の面」と「供養の面」、いずれにもたいていは年限が設けられています。「埋葬の面」では、はじめから合祀するのか、あるいは当初は遺骨を壷などに納めて個別に埋葬し、一定の年月が経ったら壷から出して他の方の遺骨と混ざるかたちで合祀にする、などがあります。また「供養の面」 では、ホームページなどに「○○寺が責任をもって供養します」などと記されていても、たとえばそれは毎年の施餓鬼会で供養するということなのか、その場合、個々の戒名は読み上げてもらえるのか、あるいは年忌の際に個別に読経していただけるのか、卒塔婆は建てていただけるのか、といった具体的な内容までは不明なことが少なくなく、寺院や霊園ごとの定めにより一律しではありません。年限や内容によって費用にも大きな違いが見られます。

検討される際には、こうしたことを考慮し、直接訪問して話を聞き、わからないことは尋ねて十分に納得してから決めることが大事です。それには、どんなことを質問したいかを事前に予習しておくことも必要でしょう。
永代供養墓、合祀墓は、独身の方、子孫のない方などにとって〝妙案〟といえるものです。たしかに、後々の心配を解消できるものですが、一方で「どなたかわからない方と合祀されているお墓に手を合わせるのは……」と違和感を持たれる方もいらっしゃいます。一旦合祀されたら元に戻すことも不可能で、後悔されるケースも少なからずあるようです。

お墓とは、亡くなっていく方、あるいは亡くなった方だけのためのものではありません。遺された方、ご縁のあった方々にとって祈りを捧げることのできる大切な「場」である、ということを十分に念頭に置き、お考えください。

ページのトップへ戻る