仏事まめ知識 ~ 焼香の仕方

*イラストは一例です。

かぐわしいお香の匂いは、不思議と私たちの心を落ち着かせ、おだやかにしてくれるものです。もともとインドで、悪臭を取り除くために用いられたのを起源とし、それが心身を清らかにし、仏さまに供養するための作法として取り入れられたとされています。「香は仏の使者」ともいわれ、仏さま、ご先祖に対する私たちの思いをお香の煙に託して届けるという意味もあります。

お焼香は、まず合掌し、浅く礼(らい)をしてから右手の親指と人さし指、中指の三本でお香をつまみ、そのまま手を仰向(あおむ)け、その下方に左手の掌を添えます。そしてつまんだ指が額につくくらいまで恭(うやうや)しく押しいただき、おもむろに香炉の炭の上にくべ、ふたたび合掌し、お十念をとなえて礼拝します。
お焼香の回数は厳密に決まっているものではなく、たとえば一回であれば、一心に仏さまや故人へ自分のまごころを伝える、三回であれば、仏(ぶつ)〈お釈迦さま・阿弥陀さまなどの仏さま〉・法(ぽう)〈仏さまの説かれた教え〉・僧(そう)〈仏さまを敬い、その教えに従う人々〉の三宝(さんぼう)に供養する、また貪(とん)〈むさぼり〉・瞋(じん)〈いかり〉・痴(ち)〈おろかさ〉という三つの煩悩〈三毒(さんどく)〉を焼き払って清浄(しょうじょう)にする、などの意味が込められているとされます。
お線香の本数もこれに準じます。多くの方が参列している法要・葬儀などでは、一回(一本)とするのがマナーです。

お仏壇でお参りする際には、鈴(りん)を打ち鳴らすのが一般的です。これからご本尊さまやご先祖に対し、供養の思いを伝え拝みます、との思いを込めて鳴らしましょう。鈴の音は自分の気持ちを落ち着かせ、帰依(きえ)の思いを深めさせてくれる作用もあるといえますから、強く、大きく鳴り響かせるものではありません。回数は、通常一回から三回程度、お焼香の回数の意味と同様に考えていただければ結構です。

ページのトップへ戻る