悩めるあなたに“ブッダ流”の生き方

苦しみの原因は〝欲望〟と〝現実〟のズレにあり

苦しみが生まれる理由

生まれた人間は、いつかは老い、病気になり、そして最後には死を迎えます。この老・病・死は、地域や時代、また性別に関係なく、誰にも訪れる現象です。さとりを開いたといわれるブッダといえども、例外ではありませんでした。どうして「老・病・死」を苦と感じるのかといえば、人間は「若さ・健康・生命」に執着するからです。

ブッダは長い修行の末、人間に苦をもたらすのは、外的要因ではなく、人間自身の心の内にある「執着(しゅうじゃく)」という煩悩(ぼんのう・心の汚れ)であり、これをなくせば苦はなくなると喝破(かっぱ)しました。これがブッダの「さとり」です。若さに執着するから「老」を、健康に執着するから「病」を、そして生命に執着するから「死」を苦と感じるのです。つまり、私たちの心のあり方にこそ、苦をもたらす原因があったのです。老・病・死にかぎらず、「あらゆる苦は人間の執着に起因する」というのがブッダの考え方です。これを「苦は“欲望”と“現実”のズレから起こる」と表現すれば、わかりやすいでしょう。

「いつまでも若さを保ちたい(若さに対する執着)」という“欲望”と、「生まれた者は必ず老いる」という“現実”がズレるから、人間は苦しみます。病と死も同様ですし、その他の苦もこのズレから生じます。「人から評価されたかったが(欲望)、評価されなかった(現実)」、「お腹がすいて何か食べたかったが(欲望)、食べられなかった(現実)」など枚挙にいとまがありません。

苦しみをなくす方法

では苦をなくすにはどうすればいいか。答えは単純、ズレをなくせばいいのです。ズレのなくし方は二つ。一つは欲望を満足させるために現実を変えること、もう一つは欲望をなくして現実を受け入れることです。老・病・死については、現実を変えられないので、欲望をなくして現実を受け入れるしかありません。また両方が可能な場合でも、仏教は基本スタンスとして「欲望(執着)をなくして現実を受け入れる」ことで苦の解消を図ります。

ブッダは出家して修行し、執着という煩悩を滅して苦からの解脱(げだつ)を達成しました。苦を解消する“理屈”はこのように極めて単純ですが、普通の生活を営みながら、苦からの解脱を実現するのは容易ではありません。 では私たちは、どのように苦と向き合うべきでしょうか。完全に苦を解消できなくても、“軽減”することはできます。ここからはブッダの教えをもとに、私自身の考えを交えてお伝えしましょう。

(Illustration:鎌田みか)

「なんで?」「どうして?」
苦しみの原因を知って向き合う

病気になったとき、原因が分からない間は何とも不安な気持ちになりますが、病院に行って診察を受け、病名がはっきりすれば、身体的な苦痛は変わらなくても、精神的には楽になったという経験はないでしょうか。同じように、苦は簡単には克服できませんが、軽減するためには先ほど説明した苦のメカニズム「苦は“欲望”と“現実”のズレから起こる」を思い起こし、自分が今感じている苦を客観的に分析してみるのです。「自分の欲望はどんなものか、どのように現実とズレているのか」と。

これを脳科学では「メタ認知」と言います。つまり、苦しむ自分を「メタ(より高次の視点)」から客観的に 眺(なが)め(認知し)てみるのです。すると、「客観的に眺めている自分」は「苦しんでいる自分」からは抜け出ています。これにより、苦自体はなくならなくても、冷静に自分の苦を見つめ直すことができ、それにより苦は軽減します。苦に両足を突っ込むと逃げ場がなくなりますが、メタ認知を行うことで片足は苦から抜け出せます。一度、お試しあれ。

ではこの基本姿勢をベースにしながら、今回のコロナ禍にどう対応すべきか、ブッダの教えに基づいて具体的に考えてみましょう。

情報に惑わされないで考える

東日本大震災のときもそうでしたが、未曾有(みぞう)のことが起こったとき、「デマ」という不確かな情報が流れると、不安から人はそれを信じてしまう傾向にあります。今回のコロナ禍に関しても人はデマに右往左往し、社会に混乱を生み出す結果となりました。そういうときこそ、真偽を見極める冷静さと判断力が必要になります。

ブッダは「他に隷属(れいぞく)することは、すべて苦なり。あらゆる主権こそ楽なり」(『自説経(じせつきょう)』)と述べています。日本人は自己主張が苦手で、安易に他者と同調してしまいがちですが、真偽を確かめもせずに不確かな情報を鵜呑(うの)みにすることは避けなければなりません。“自分こそが自分の主”であることを自覚し、自分で考え判断して、情報の真偽を確かめてください。

人を批判しない

人間は何か災いが起こると、犯人捜しをしたがります。何につけ「意味」を求める人間の性(さが)かもしれません。理由のないことは受け入れがたいので、結果をもたらした原因を探ろうとするのです。ウイルスに感染した人を災いの原因と見なして非難したり、またウイルスの現場に近いところで働いている医療従事者(およびその家族)を差別するような言動が起きているのは、まさにそうした「性」によるものですが、じつに残念で悲しいことです。

「他人の過失を探し求めて、つねに腹を立てている人は煩悩の汚れが増大する」(『法句経(ほっくきょう)』)とブッダは説いています。まさに金言です。もとより過失ですらないのですが、人を非難すれば、一時的に怒りは静まるものの、それは長い目で見れば、自分の煩悩を増大させるだけで、かえって人はその煩悩ゆえに、将来、苦しむことになります。人を非難するよりも、自分の行動のみをしっかりと見据えることが重要です。

自分のすべきことに専念する

辛いことではありますが、感染拡大防止のためには「自粛の生活」が必要です。ともすれば人間は短絡的になり、目先の“小楽”のために将来の“大楽”を大なしにしがちですが、ここは辛抱のしどころ。「今は辛くても、善なる行為(自粛生活)が因となり、必ず将来、楽なる結果がもたらされる」という仏教の因果(いんが)論(善因楽果(ぜんいんらっか))を信じ、終息までは長い道のりになりそうですが、ブッダの言葉「自分のなすべきことを知って、〔それに〕常に専念すべきである」(『法句経』)を肝に銘じて、今回の難局をともに乗り越えていきましょう。

京都文教大学・短期大学学長

平岡 聡 ひらおか さとし

昭和35年京都市生まれ。京都文教大学・短期大学学長、京都文教学園学園長。博士(文学)。専門は仏教学。著書に『浄土思想入門』(角川選書)、『ブッダと法然』(新潮新書)、『大乗経典の誕生』(筑摩選書)ほか多数。兵庫県朝来市・法樹寺出身。

お知らせ

  

“ブッダ流”の生き方 を詳しく知りたい方は――
平岡先生著書 『悩みによく効く お釈迦さまの処方箋』をおススメします。
(発行:浄土宗出版 新書版160頁 700円+税)

お問合せ・お求めは――

トップページへ戻る