大遠忌トップページ > 大遠忌概要

大遠忌(だいおんき)概要

「南無阿弥陀仏」とお念仏をとなえることによって救われる、と説き、浄土宗を開いた法然上人は、建暦2(1212)年1月25日、80歳で往生されました。「遠忌」とは50年、100年ごとにおこなう、法然上人のご遺徳をしのぶ年忌法要のことをいいます。

ページの先頭へ戻る