浄土宗発行ポスター

今年のポスター

  • 令和3年度 – 教化ポスター

    「念仏のひとは十はすなわち十ながら生じ、百は百ながら生ずるこれなり」

    意味:お念仏をとなえる人は、十人中十人すべてが往生し、百人中、百人すべてが往生します。


    今回は、「浄土立宗のことば」に説かれる「凡入報土」説における5つの要素(衆生論、仏土論、実践論、経典論、即時別時)から実践論を選び、“どうやって”往生するのかという視点にもとづき、法然上人のご法語の中から「念仏往生」を説いたおことばを引用しました。
    誰もが自分を偽ることなく、お念仏をとなえるだけで平等に救われるという教えが、多様性を受け入れ、共に生きることの重要性が叫ばれる現代社会において、多くの人が安心して、前向きに生きていくための一助となることを願っています。

  • 令和3年度 – なむちゃんポスター

    「あしたは晴(は)れるよ」

    「みんなマスクをしていて、どんなお顔でいるかわからない」
    「去年は遠足、授業参観、発表会、運動会…全部中止になっちゃった。楽しみにしていたのに、今年も、来年も、できないのかな」
    コロナ禍で先が見えない状況が続くなか、子どもたちは、自分で感情を処理することも難しく、大人以上に不安な気持ちを抱えているかもしれません。
    そんな不安な気持ちに、阿弥陀さまはいつも寄り添って見守ってくださっています。
    この世は「諸行無常」と言われるように、同じ状況がずっと続くことはありません。みんな笑顔で、元気に遊んで、楽しくごはんを食べられる日は必ず訪れます。
    不安な気持ちは阿弥陀さまにおあずけして、日々を元気いっぱい生きましょう。明日には、雨が上がってきれいな虹が見られますよ。

  • 令和3年度 – その他

    浄土宗開宗850年慶讃ポスター「我、浄土宗を立つる心は、凡夫の報土に生まるることを、示さむためなり。」

    意味:私が浄土宗を立てた意趣は、凡夫が阿弥陀仏の報土に往生できることを示すためである。

    メインビジュアルを、『浄土宗新聞』で連載中の「古典から見る“この世”“あの世”の情景」で揮毫いただいており、今、世界で注目されている墨絵アーティスト・茂本ヒデキチ氏にご協力いただきました。今まさに、誰もが救われる教えを探し求めるため、強い想いで旅路に立たれる法然上人の後ろ姿をイメージし「開宗に向けて歩みだす」躍動感ある墨絵に「浄土宗開宗850年」「我、浄土宗を立つる心は、凡夫の報土に生まるることを、示さむためなり。」等のメッセージを掲載いたしました。
    なお、茂本氏によるイラスト制作の様子をYouTube公式チャンネルに公開中です。こちらからアクセスできます。

過去のポスター

  • 第2次世界大戦終戦70周年戦没者追悼ポスター

    第2次世界大戦終戦70周年戦没者追悼ポスター

    第2次世界大戦終戦70周年戦没者追悼ポスター
  • 平成18年度浄土宗発行ポスター「平和の祈り~いのちありがとう~」

    平成18年度 – その他ポスター

    平成18年度浄土宗発行ポスター「平和の祈り~いのちありがとう~」

    「平和の祈り~いのちありがとう~」

    近年、子どもたちが巻き込まれる事故や事件が多く発生しているように、子どもたちを取り巻く環境が安心できるものではなくなっています。このすさんだ世情の中で、子どもたちが慈悲心を拠りどころにイキイキと育ってもらえるように働きかけることが私たち浄土宗児童教化連盟の使命であると考えています。

    今年度は「イキイキ☆コドモ」~いのち ありがとう~ をテーマに活動を行いますが、その一環として、この度、平山郁夫先生のご協力を得て教化ポスターを制作しました。各寺院で掲示していただき、お寺を訪れる子どもたちが生きとし生けるものの命に感謝をし、平和を愛する心を持ってもらえるよう、子どもたちの教化育成にご活用いただければ幸甚に存じます。

    (浄土宗児童教化連盟)

  • 平成18年度浄土宗発行ポスター「ミャンマーの子どもたちへ寺子屋を!」

    平成18年度 – その他ポスター

    平成18年度浄土宗発行ポスター「ミャンマーの子どもたちへ寺子屋を!」

    「ミャンマーの子どもたちへ寺子屋を!」

    仏教国ミャンマーでは、古くからの寺子屋教育が残り、ミャンマー第2の都市マンダレーでは296校の寺子屋が存在しています。貧困地域の多いこの地では、公立学校に通学することができない数万人の小学生の教育に、寺院の僧侶とボランティアスタッフがあたっています。

    ほとんどの寺子屋は、僧院の一部施設等を利用していますが、生徒の急激な増加に伴って、粗悪な建物を利用したり、木陰の地面に座って勉強するような劣悪な現状で、校舎および教室の確保が困難な状況です。

    この教育環境を少しでも改善するために財団法人浄土宗報恩明照会(現・公益財団法人 ともいき財団)では、平成16年度より多くの賛同者の下、浄財を賜り校舎の建設・机・椅子・教材・トイレ等の提供を行って参りました。みなさまのご協力により、現在まで2つの校舎を完成させることができました。多くの子どもが、大変に喜び、さらに真剣に学んでいます。今後もアジア仏教圏の、子どもたちの未来のために、支援を進めていきたいと考えております。

    この度、寺子屋建設に対するご支援を呼びかけるポスターを制作いたしました。ポスターをご掲示いただき、より多くの方々にご支援をいただけましたら幸に存じます。

    また、財団法人報恩明照会(現・公益財団法人 ともいき財団)では会員制度を設けており、会費はこれらの活動に充当されております。是非一人でも多くの方々にご賛同を賜りたく想っております。当財団の活動にご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 平成18年度浄土宗発行ポスター「法然上人800年大遠忌」

    平成18年度 – 「法然上人800年大遠忌」ポスター

    平成18年度浄土宗発行ポスター「法然上人800年大遠忌」

    「法然上人800年大遠忌」

    平成19年3月18日に朝日新聞朝刊(全国版)に掲載いたしました、大遠忌広告のデザインをアレンジし、「法然上人800年大遠忌」ポスター(3作目)を制作いたしました。

    総本山知恩院所蔵の『法然上人行状絵図(国宝)』巻6第8、9紙から、法然上人がお念仏の御教えを説かれている場面を用いながら、「受け継がれてきた尊ぶ心、次世へ繋ぐ。」とコピーを入れ、その御教えと精神が800年も経た現代に確かに受け継がれてきていることを表現しております。

    朝日新聞に掲載いたしました「法然セミナー2006採録記事」「大遠忌広告」の紙面につきましては、抜き刷りをいたしまして、浄土宗新聞平成19年5月号に付録として同封させていただいておりますので、本ポスターと併せまして効果的にご活用いただきたく存じます。

    (宗祖法然上人800年大遠忌事務局発行)

  • 平成18年度浄土宗発行ポスター「ココロ・エコ」ポスターについて

    平成18年度 – 「ココロ・エコ」ポスター

    平成18年度浄土宗発行ポスター「ココロ・エコ」ポスターについて

    「ココロ・エコ」の精神や、マーク・ロゴ等を広く周知させるため、また、今年度から宗内外で本格的にココロ・エコ事業を展開していくにあたりまして、「ココロ・エコはじまる。」とコピーをいれたポスターを制作いたしました。

    デザインテーマとして、「誰にでも理解しやすく」「少し新しい価値で、毎日の暮らしを見直す大切さを訴えるもの」「遠い理想論ではなく、もう一息で実現できそうなもの」「楽しい(美しい)暮らしの予感がするもの」などの観点から、環境だけでなく一般社会としても課題である、「交通問題」を取り上げました。

    「駐輪公害」「歩道では歩行者の敵、車道ではクルマの邪魔」など、最近ではまさしく邪魔者扱いをされている自転車ですが、本来は便利で、楽しく、環境貢献ができ、健康的であり、さらには町をお洒落に美しくすることも可能なものです。

    歩行者、クルマ、そして自転車。それぞれの良いところ、悪いところを認め合いながら、自転車専用路を設置し、三者の共存を訴えるデザインにより、「自然(じねん)環境と共生(ともいき)社会の実現への願い」という「ココロ・エコ」の精神を表現しています。

    (宗祖法然上人800年大遠忌事務局発行)

  • 平成18年度 – 「世界平和念仏の日」懸垂幕

    平成18年度浄土宗発行ポスター「世界平和念仏の日」懸垂幕について

    浄土宗は、平成15年に中村康隆ご門主猊下(当時)のご提案により、宗祖法然上人のご命日である毎月25日を「世界平和念仏の日」と制定し、浄土宗平和協会による活動や『宗報』『浄土宗新聞』「ラジオ」による啓発を始めて、平成19年1月25日に4周年を迎えました。

    これは法然上人の非暴力の精神を戴き、毎月25日正午には自分の居る場所でご一緒にお十念をとなえることで、すべての人々の幸福と人類の福祉を願い、一人ひとりが平和に暮らせる明るい社会になるよう「天下和順兵戈無用」を祈念する運動です。

    平成17年から各総・大本山には毎月25日正午に梵鐘を撞いていただく「梵鐘鳴鐘運動」をお願いする中、翌年1月25日には3周年を記念し、総本山知恩院において別時念仏会奉修とともに、重要文化財であります大鐘の鳴鐘が行われました。

    そして、このたび、この運動の更なる全国展開をはかるため、各ご寺院におかれましても毎月25日正午の世界平和念仏の推進とともに、梵鐘のあるご寺院では梵鐘の鳴鐘につきましても併せてお願いを申し上げる次第です。

    また、「世界平和念仏の日」懸垂幕を製作いたしましたので、各ご寺院の門前等にご掲出いただくことにより、本運動の敷衍・推進にご協力いただければ幸甚です。

    なお、梵鐘を撞く回数に定めはなく、カン(牛へん+建)稚法による回数(まず捨鐘3下し、18下撞き、息稚2下)を始め、六字名号の6下、第十八願の18下、二十五菩薩の25下など、ご参考にしていただければと存じます。

    (宗祖法然上人800年大遠忌事務局発行)

  • 平成17年度浄土宗発行ポスター「宗祖法然上人800年大遠忌」

    平成17年度 – 「宗祖法然上人800年大遠忌」周知ポスター

    平成17年度浄土宗発行ポスター「宗祖法然上人800年大遠忌」

    「宗祖法然上人800年大遠忌」

    (堂内・掲示版用)

    平成23年に迎えます「宗祖法然上人800年大遠忌」周知ポスター第2作目を、平成15年度に続き作成いたしました。デザインは総本山知恩院所蔵の『法然上人行状絵図(国宝)』から、巻37第5段の法然上人が往生される場面を用い、「あれから、もうすぐ800年。法然さまの、800年。」とコピーを入れました。

    B全版、B2版の2本を作成しましたので、効果的にご活用いただきたく存じます。

    (宗祖法然上人800年大遠忌事務局発行)

  • 平成15年度浄土宗発行ポスター「宗祖法然上人800年大遠忌」告知ポスター

    平成15年度 -「宗祖法然上人800年大遠忌」告知ポスター

    平成15年度浄土宗発行ポスター「宗祖法然上人800年大遠忌」告知ポスター

    「宗祖法然上人800年大遠忌」告知ポスター

    (堂内用)

    平成23年に迎えます「宗祖法然上人800年大遠忌」に向けて、檀信徒等にこの大遠忌を 周知していただくための第一弾として作製いたしました。

    デザインといたしましては、総本山知恩院所蔵の法然上人像「隆信の御影」、「法然上人行状絵図」第6巻「吉水に庵を結ぶ」図、大本山金戒光明寺所蔵の「一枚起請文」を配しています。

    これは、まず檀信徒のみなさんに知っていただきたい法然上人のご尊顔と、上人が浄土宗を開き、人々にお念仏の教えを初めて説かれた時の記念すべき図、そしてご遷化2日前に遺された「一枚起請文」です。このポスターを本堂内に掲示いただき、法要後などにこれを使って上人の簡単なご生涯をお話しいただくとともに、800年大遠忌を周知させていただきたいという意味をこめて作製したものです。効果的にご活用いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

    (浄土宗宗祖法然上人800年大遠忌事務局)

  • 平成15年度浄土宗発行ポスター「浄土宗21世紀劈頭宣言」ポスター 「社会に慈しみを」

    平成15年度 – 「浄土宗21世紀劈頭宣言」ポスター

    平成15年度浄土宗発行ポスター「浄土宗21世紀劈頭宣言」ポスター 「社会に慈しみを」

    「社会に慈しみを」

    浄土宗が全世界に向けて発信した劈頭宣言。

    今回は、前2回の流れ「愚者の自覚を」「家庭にみ仏の光を」を踏襲し、劈頭宣言の3番目「社会に慈しみを」をテーマといたしました。

    現代人に一番欠けているのは「思いやりのこころ」ではないでしょうか。思いやりのある温かいことばや行動は、人の心を明るくし、社会にうるおいを生み出します。今回はそうしたことを表現するために、誰にでも簡単に実践できること、お年よりに手を貸すことで表しました。

    コピーの「お手伝いのおかえしは、ぬくもりでした」は、人とふれあうことの大切さ、すばらしさ、よろこびを表現しています。

    (出版室)