主な行事・法要 ~ 五重相伝会

五重相伝会(ごじゅうそうでんえ)

浄土宗の教えを五つの順序にのっとって伝える法会です。
五重相伝の「五重」には、「お念仏の教えの中でも特に重要な五つの要点」と、「お念仏の教えの基礎から一つずつ積み重ねて真髄に至る」の意味があるといわれます。

一般には五日間の日程で、初重(しょじゅう)、二重、三重、四重(しじゅう)、第五重の順に法話やお勤めが進められていきます。初重では自身の愚かさを振り返り、二重では法然上人のお念仏に対するお考えを、三重ではお念仏の受け取り方を学び、四重では念仏信仰について抱きがちな疑問を解消し、第五重でお念仏の奥義の口伝を授かります。

朝から夕方まで五日間も通うのは大変かもしれません。しかしこの行事は、寺院にもよりますが、数十年に一度、早くても数年に一度程度しか行われないもので、参加できる機縁に出会うこと自体、少ないものです。極めて厳かな中に勤められるこの行事を満行(まんぎょう)(修了)された方々からは、「参加してよかった」「あっという間だった」といった感想が多く聞かれます。

菩提寺、もしくは近隣の寺院で開かれることがありましたら、是非とも参加されるようおすすめします。

浄土宗の行事・法要

1月1日 修正会 正月に修する法会
1月25日 御忌会 法然上人の忌日法要
2月15日 涅槃会 お釈迦さまの忌日法要
2月27日 勅諡記念会 法然上人が諡号を賜ったことを記念した法会
2月29日
(平年は2月28日)
鎮西忌 浄土宗二祖・鎮西聖光上人の忌日法要
3月14日 高祖忌 高祖・善導大師の忌日法要
春分の日前後 春季彼岸会 極楽へのあこがれを起こす日
4月7日 宗祖降誕会 法然上人のお誕生法要
4月8日 灌仏会(花まつり) お釈迦さまのお誕生法要
7月6日 記主忌 浄土宗三祖・記主良忠上人の忌日法要
7・8月13日~16日 盂蘭盆会 ご先祖さまをおまつりする日
秋分の日前後 秋季彼岸会 極楽へのあこがれを起こす日
10月・11月 十夜会 十日十夜にわたって勤める念仏会
12月8日 成道会(おさとりの日) お釈迦さまのおさとりの記念日
12月 仏名会 一年の罪を懺悔する法要
12月31日 除夜 旧年を押しのけ新年を迎える夜
通年 施餓鬼会 餓鬼等を供養する法要

ページのトップへ戻る