主な行事・法要 ~ 撥遣式

撥遣式 はっけんしき

彫刻・図画した仏・菩薩像、曼陀羅、位牌、お墓、石塔などの手を合わせて拝むものを修復しようとした時、繰り出し位牌にまとめるために処分する時、また引っ越しなどで動かす時などに魂を抜く法会です。

これを一般的に魂抜き、お性根抜きを、正式には “撥遣” (はっけん) といいます。
つまり修復する場合は、撥遣式を行った後修復し、修復完了後また開眼式を行う事となります。
詳しくは、開眼式をご覧ください。

また、不要になったお位牌や仏壇などがある場合は菩提寺に話をして供養 (浄焚(じょうぼん) ) してもらうのが、一番良いでしょう。菩提寺にご相談ください。

撥遣式 はっけんしき

彫刻・図画した仏・菩薩像、曼陀羅、位牌、お墓、石塔などの手を合わせて拝むものを修復しようとした時、繰り出し位牌にまとめるために処分する時、また引っ越しなどで動かす時などに魂を抜く法会です。

これを一般的に魂抜き、お性根抜きを、正式には “撥遣” (はっけん) といいます。
つまり修復する場合は、撥遣式を行った後修復し、修復完了後また開眼式を行う事となります。
詳しくは、開眼式をご覧ください。

また、不要になったお位牌や仏壇などがある場合は菩提寺に話をして供養 (浄焚(じょうぼん) ) してもらうのが、一番良いでしょう。菩提寺にご相談ください。



ページのトップへ戻る