主な行事・法要 ~ 十夜会

10~11月頃 十夜会(じゅうやえ)

十日十夜にわたって勤める念仏会(え)。「お十夜」や「十夜講」「十夜念仏」「十夜法要」などともいいます。浄土宗でよりどころとする経典『無量寿経(むりょうじゅきょう)』に説かれる、「(煩悩や誘惑に満ちた)この世界で十日十夜の善行を積むことは、<あらゆる煩悩や誘惑などない、修行を行うのに環境の整った>仏さまの国で千年の善行を修めることよりも勝(すぐ)れている」との一節が由来です。「善行」とは、私たち浄土宗の教えにおいては、もちろんお念仏です。

室町時代に京都・真如堂(しんにょどう)(天台宗真正極楽寺(しんしょうごくらくじ))で修められたのが始まりで、その後、大本山光明寺第九世祐崇(ゆうそう)上人が後土御門(ごつちみかど)天皇のために真如堂の僧たちと引声(いんぜい)念仏(声をゆるやかに長く引き伸ばしてとなえるお念仏)を修したところ、天皇が大変感激され、光明寺で十夜法要を修することに勅許を下しました。これが浄土宗における十夜法要の始まりです。

現在では、一日に短縮して勤める寺院が多いようです。


【動画】浄土宗大本山光明寺 お十夜法要ー初夜法要
 You Tubeへ

浄土宗の行事・法要

1月1日 修正会 正月に修する法会
1月25日 御忌会 法然上人の忌日法要
2月15日 涅槃会 お釈迦さまの忌日法要
2月27日 勅諡記念会 法然上人が諡号を賜ったことを記念した法会
2月29日
(平年は2月28日)
鎮西忌 浄土宗二祖・鎮西聖光上人の忌日法要
3月14日 高祖忌 高祖・善導大師の忌日法要
春分の日前後 春季彼岸会 極楽へのあこがれを起こす日
4月7日 宗祖降誕会 法然上人のお誕生法要
4月8日 灌仏会(花まつり) お釈迦さまのお誕生法要
7月6日 記主忌 浄土宗三祖・記主良忠上人の忌日法要
7・8月13日~16日 盂蘭盆会 ご先祖さまをおまつりする日
秋分の日前後 秋季彼岸会 極楽へのあこがれを起こす日
10月・11月 十夜会 十日十夜にわたって勤める念仏会
12月8日 成道会(おさとりの日) お釈迦さまのおさとりの記念日
12月 仏名会 一年の罪を懺悔する法要
12月31日 除夜 旧年を押しのけ新年を迎える夜
通年 施餓鬼会 餓鬼等を供養する法要

ページのトップへ戻る