主な行事・法要 ~ 十夜会

お十夜(じゅうや)は、10月から11月にかけて浄土宗寺院で行われる秋の念仏行事です。「十夜法要」「十夜講(こう)」「十夜念仏」など色々な呼び方がありますが、正式には「十日(じゅうにち)十夜法要」と言います。もともとは旧暦の10月5日夜から15日の朝まで、十日十夜にわたってお念仏をとなえる法要でした。

お十夜

1. お十夜の歴史

お十夜の歴史は古く、永享年間(1430年頃)にまでさかのぼります。室町時代の第6代将軍足利義教(あしかがよしのり)の執権平貞経(たいらのさだつね)の弟平貞国(たいらのさだくに)が世の儚(はかな)さを感じて、仏道に生きようと京都の真如堂(しんにょどう=天台宗・真正極楽寺(しんしょうごくらくじ))にこもり、十日十夜の念仏行を行ったことが始まりとされています。

その後、鎌倉にある浄土宗大本山光明寺の第9世観誉祐崇(かんよゆうそう=1426-1509)上人が後土御門(ごつちみかど)天皇に招かれ、宮中で『阿弥陀経』について講義をし、真如堂の僧と共に引声(いんぜい)念仏(妙味豊かな節をつけてとなえる念仏)を修しました。天皇はこれに大変感激されて明応4年(1495)の10月、大本山光明寺での「十夜法要」奉修(ぶしゅう)に許可が下されたのです。これが浄土宗における十夜法要の始まりです。
浄土宗が最も大切にするお念仏をとなえる行事として、今日に至るまで全国の浄土宗寺院で行われています。
大本山光明寺では、今でも毎年10月に、盛大に十夜法要を厳修(ごんしゅ)します。
期間中、稚児礼讃舞(ちごらいさんまい)や雅楽(ががく)が奉奏され、境内には露店も並び多くの参詣者で賑(にぎ)わいます。
*工事のため2020年現在は開催されていません。

また、「十夜」は冬の季語ともなり、多くの先人が俳句に詠んでいます。

十夜鉦 障子灯るを 待ちかねて

草間時彦

月影や 外は十夜の 人通り

正岡子規

2. お十夜の由来

浄土宗でよりどころとしている経典の一つ『無量寿経(むりょうじゅきょう)』の一節にある教えを実践したものです。そこには、「娑婆(しゃば)世界で十日十夜の間、善行(ぜんぎょう)を修めることは、仏の世界で千年にわたって善行に励むよりもすぐれている」と説かれています。
なぜこの世界での修行が仏さまの世界で千年間修行する以上の功徳(くどく)があるのでしょうか。その理由について同じく『無量寿経』によれば、仏の世界には修行を修めるものが数多くおり、煩悩(ぼんのう)など妨げとなるものがなく自然に功徳が積める修行しやすい環境であるのに対して、この娑婆は煩悩や苦しみ、悪い行いに満ち溢れ、そのせいで人々はあくせくと日々を送り、一日たりとも心が休まることがない、そんな世界だから、ということになります。
もちろん、いつも悪いことばかりする人はそういません。
しかし、日々のあわただしさで、お念仏のことを忘れてしまったり、ときによくないとわかっていても悪いことをしてしまうこともあります。お念仏をするという一見簡単に見える修行であっても、悪い行いをせずにいつも続けるのはとても難しいことなのかもしれません。

3. 二つの流れ

十夜法要には大きな二つの流れがあります。一つは「十夜会古式(こしき)」です。これは光明寺に祐崇上人から伝わる引声念仏、引声阿弥陀経などを中心に行われているもの。
光明寺の山門では、双盤(そうばん=大きい鉦〈かね〉を2個、木枠に吊るした仏具)と太鼓に合わせたお念仏がとなえられます。
もう一つが、浄土宗寺院で一般的に行われているもので、特別な日時を定めてもっぱら称名(しょうみょう)念仏行に励む別時念仏会(べつじねんぶつえ)の形式です。
「古式」の伝承が難しく、一般の寺院では修しにくかったのでしょう。本来、行われる日数は10日間でしたが、それが5日、3日、あるいは1日と短縮される寺院が増えました。

十夜法要は阿弥陀さまに感謝の気持ちを伝える法要でもあることから、秋の収穫に感謝する意味で、仏前に新米や、新米で作ったおはぎ、小豆飯(赤飯)などを供える地方もあります。
お粥(かゆ)のことを「おじや」と言いますが、一説によると、「おじゅうや」が訛(なま)って「おじや」になったのではないかとも言われています。
一見つながりがないように見えますが、お十夜には、ご本尊にお供えした小豆飯を粥にした十夜粥(じゅうやがゆ)を参拝者に振る舞う習慣があります。先に述べた説はそこから生まれたともいわれます。

浄土宗の行事・法要

1月1日 修正会 正月に修する法会
1月25日 御忌会 法然上人の忌日法要
2月15日 涅槃会 お釈迦さまの忌日法要
2月27日 勅諡記念会 法然上人が諡号を賜ったことを記念した法会
2月29日
(平年は2月28日)
鎮西忌 浄土宗二祖・鎮西聖光上人の忌日法要
3月14日 高祖忌 高祖・善導大師の忌日法要
春分の日前後 春季彼岸会 極楽へのあこがれを起こす日
4月7日 宗祖降誕会 法然上人のお誕生法要
4月8日 灌仏会(花まつり) お釈迦さまのお誕生法要
7月6日 記主忌 浄土宗三祖・記主良忠上人の忌日法要
7・8月13日~16日 盂蘭盆会 ご先祖さまをおまつりする日
秋分の日前後 秋季彼岸会 極楽へのあこがれを起こす日
10月・11月 十夜会 十日十夜にわたって勤める念仏会
12月8日 成道会(おさとりの日) お釈迦さまのおさとりの記念日
12月 仏名会 一年の罪を懺悔する法要
12月31日 除夜 旧年を押しのけ新年を迎える夜
通年 施餓鬼会 餓鬼等を供養する法要

ページのトップへ戻る