主な行事・法要 ~ 七五三

七五三について

幼児の成長期における重要な儀礼の一つ、かつて幼児の死亡率が高かった江戸時代に、 成長の節目毎におこなわれはじめ、男女児とも三歳を「髪置(かみおき)」、男児五歳を「袴着(はかまぎ)」、女児七歳を「帯解(おびどき)」、「帯結(おびむすび)」または「紐落(ひもおとし)」の祝いと称して、それまでの一つ身の着物から三つ身、四つ 身などに着替えたり、新しい帯をしめて氏神などに参拝をする。

「七つの前は神の子」ということわざにみられるように、七歳までは神々に属する存 在として、その間のおこないはとがめられないとされていた幼児が、この時期に社会の 成員として承認される祝いである。

また、親が家事を教えはじめるのもだいたいこの時期からであり、明治以来の義務教育 が七歳(満ならば六歳)からはじめられているということはまことに意義深い。

七五三が三歳、五歳、七歳という年齢に固定されたのは、奇数を陽とする中国の影響 ともいわれている。

髪置(かみおき)

幼児が頭髪を始めてのばす儀式。
本来、すが糸で作った白髪をかぶせ、頂におしろいをつけて祝うものだが、その祝い方については地方によりさまざまである。

袴着(はかまぎ)

幼児にはじめて袴を着せる儀式。
古くは三歳の時に多くおこなわれたが、最近では五歳または七歳の時におこなわれている。

帯解(おびどき)・帯結(おびむすび)・紐落(ひもおとし)

幼児がそれまでの付帯をやめ、はじめて帯を用いる祝の儀式。
ふつう男児は五歳から九歳、女児は七歳の時におこなわれる。

七五三について

幼児の成長期における重要な儀礼の一つ、かつて幼児の死亡率が高かった江戸時代に、 成長の節目毎におこなわれはじめ、男女児とも三歳を「髪置(かみおき)」、男児五歳を「袴着(はかまぎ)」、女児七歳を「帯解(おびどき)」、「帯結(おびむすび)」または「紐落(ひもおとし)」の祝いと称して、それまでの一つ身の着物から三つ身、四つ 身などに着替えたり、新しい帯をしめて氏神などに参拝をする。

「七つの前は神の子」ということわざにみられるように、七歳までは神々に属する存 在として、その間のおこないはとがめられないとされていた幼児が、この時期に社会の 成員として承認される祝いである。

また、親が家事を教えはじめるのもだいたいこの時期からであり、明治以来の義務教育 が七歳(満ならば六歳)からはじめられているということはまことに意義深い。

七五三が三歳、五歳、七歳という年齢に固定されたのは、奇数を陽とする中国の影響 ともいわれている。

髪置(かみおき)

幼児が頭髪を始めてのばす儀式。
本来、すが糸で作った白髪をかぶせ、頂におしろいをつけて祝うものだが、その祝い方については地方によりさまざまである。

袴着(はかまぎ)

幼児にはじめて袴を着せる儀式。
古くは三歳の時に多くおこなわれたが、最近では五歳または七歳の時におこなわれている。

帯解(おびどき)・帯結(おびむすび)・紐落(ひもおとし)

幼児がそれまでの付帯をやめ、はじめて帯を用いる祝の儀式。
ふつう男児は五歳から九歳、女児は七歳の時におこなわれる。



ページのトップへ戻る